旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ジャングルに戻ろう(その7・ボルネオのダナンバレー)。

またまた期間があいてしまいました。ひとえに仕事が忙しいからなんですよー。やっと明日は休みです。明日は絶対また遊びに行きます(笑)。

さて3日目の午後のトレッキングを終えたところまで書いたかと思います。が、あたしすっかり、この写真を更新するのを忘れていました。一応、3日目の午後のトレッキングは途中から小雨が降ってまいりました。あたしらがロッジに帰る頃には結構な雨になっておりまして、

d0133295_04461.jpg


いたるところが泥の水たまりになってしまっていました。水につかっても大丈夫なんでしょうねえ、ここの植物たちは。でもこの雨があるから、生きていけるのですね。

ロッジに帰って、旦那はあんまり調子よくなさそうだったのですが、Nadilが「ヒゲイノシシがそこにいるよ」というので見に行くと、いましたいました。

d0133295_052210.jpg


ヒゲイノシシというよりは、



だよね~って感じの子が(笑)。しかしこの子、でっかいんです。ゆうに120キロくらいはありそうな感じ。写真をガスガス撮っていましたが、ふとこの子が近くに来ようとして、旦那と「うわうわうわ、来た来た来た」みたいな感じで逃げまどいながら撮影しました。

さて、それからロッジに帰ったのですが、前回も言ったように、旦那は具合悪いと言いだす始末でありました。まあそりゃ、風邪も引くでしょうよ。

d0133295_014588.jpg


こんなに汗かいてそのまま寝たら

ねえ?

んで、とりあえずは部屋でボーッとして過ごしました…というか、あたしも昼寝wwwwww この日の夜は、ナイトウォーキングになっていました。雨はやむのか、行けるのか…といろいろ思いましたが、6時半の待ち合わせ時間が近づくと、結構いい天気になっていました。

旦那はというと、まあ、ぎりぎりまで寝ていましたが、ナイトウォーキングに行くかと聞くと「行く」と答えます。なんかね、思うんですが旦那は、旅行に行くとカナリ無理をするタイプですなwwwwww ケチケチ根性が働いて、行かないと損だと思うような気がしますwwwwww

さて、ぼちぼちとナイトウォーキングに出発。しかし、はっきり言って、夜の森は

ものごっそ怖い

ですなwwwwwwなんせ、何も見えませんから。なーんにも。

Nadilの懐中電灯だけが頼りです。しかしそんな中でも、Nadilはいろいろと動物を見つけてくれます。鳥が寝てるよ、、と教えてくれたのですが、そこにいたのは

d0133295_021266.jpg


団子

でしたwwwwwwちなみにカワセミの一種の子もこんなふうにして眠っていました。

d0133295_022055.jpg


顔出してくれればよかったんだけど、まあこんなに至近距離でカワセミ見るのもいいなーって感じです。カワセミ、近くで見たらものすごく小さかった。いつも、レンズを通して見るので、大きさはイマイチ実感として分かりませんが、とても小さくてかわいらしい。

んで、どんどん森の中に進んで、フクロウやら昆虫やらいろいろと探してくれます。

木の陰には、でっかいカタツムリも。

d0133295_024587.jpg


これがホントに大きかったんですよねー。殻の直径10センチくらいはありました。

それから蛙にも遭遇。

d0133295_024535.jpg


目玉がかわいいです♪

そんなこんなで、ふらふらと歩きまわり、懐中電灯を当てて赤く光る眼を見つけては、「何かがいる」と思ってみたり、動物としての感覚を研ぎ澄ましてみれば、いつの間にか夜の森も怖くはなくなっていました。

小一時間のウォーキングを終えて、ロッジ近くに来ると、いきなりあの

ヒゲイノシシが目の前に。

しかも、どんどんこっちに近づいてくるじゃないっすかwwwwww 夕方見かけるのはかわいかったんですが、夜中にドーンと森に現れると怪獣っぽいです。

豚改め怪獣

になってしまいましたwwwwww旦那が「ついてきよるついてきよる」とビビりまくりますwwwwwwでも、Nadilは知っているみたいです。この子は人に危害を加えるような子ではないと。おまけにとんでもないことを言います。

「きっと、晩御飯になりたいんじゃない?」

とwwwwwwNadilの方が恐ろしい人だったのでしたwwwwww

ロッジに帰って、電球に集まる昆虫を撮ってみたり。カブトムシの女の子がふらふらしていました。

d0133295_030099.jpg


まあそんなこんなで、ナイトウォーキングも終了。旦那の具合もそこそこよさそうだったので、飯食って早々に寝ましたとさ。明日はもう、最後の日なんだなあ、この夜が最後の夜なんだなあ。帰りたくないなあ…などと思いながらも、サックリ寝入ってしまうのは、たぶん、ずっと歩きっぱなしで疲れたからでしょうね。いつもは午前4時とかにならないと眠れないのに。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-11-28 00:31 | MALAYSIA(Borneo)