旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ジャングルに戻ろう(その9・ソウル)。

やっとこさこの旅も最終章です。おつきあいありがとうございましたwwwwww

さて、体調悪い旦那を引っ張って、空港まで行って、それからソウル行きの飛行機に乗り込みます。コタキナバル空港は、韓国人でいっぱいです。なんか、おばちゃんとか中高年が多かった気がする…。まあたぶん、ほとんどの人がボルネオのリゾートに行ったんでしょうけどね。そんな格好でしたから。日本のおばちゃんたちはソウルに行くのがはやっていますが、ソウルのおばちゃんたちはボルネオがはやってるのかしらん(笑)。

飛行機に乗り込み5時間ほどを過ごし、やっとソウルに到着したのはまだ明け方でした。薄暗い感じ。

旦那の体調がいまひとつだったのですが、ソウルに着くころには何とか復活。具合があまりにも悪そうなら、旦那だけ空港内の休めるところで休んでもらって、あたしだけ市街地に行こうかなとも思っていましたが、どうする?と聞くと

行く

と答えます。さすがです。具合が悪かろうが何だろうが、「せっかく旅に行ったなら見て回らないともったいない」というケチケチ根性はあたしよりも旦那が強いと確信した日でした(笑)。

まあとりあえず空港を出て、市街地に向かいます。何でもよかったんだけど、リムジンバスにしました。こーれが、驚くことに

日本語でアナウンス

があるんですねー。いかに日本人観光客多いかわかります。だから間違えて降りるなんてことしないでいいので楽チンです。とりあえず明洞を目指しました。もちろん、バスの中では

爆睡

ですがな。まあ1時間ちょっとくらいかなー。夜も明けて、朝のラッシュの中をバスは突き進み、無事に明洞に到着。すぐそばにあったスタバで朝飯食って、散策いたします。

とりあえず街並みを撮ってみたり。

d0133295_11103027.jpg


あんまし天気よくなかったんですが、まあ、雨が降るほどでもなくて幸いでした。ふらふら歩いて、その後どこか行きたいとこあるかなーと見ていると、旦那が

博物館に行きたい

と言います。あたし一回行ったんだよねー。別に見るもんないんだよねーとか思いつつも、特に日本とたいして変わらないソウルですから、あたし自体が「ここに行きたい」というところもないのでとりあえずそこに行くことにしました。

博物館まで行くのがまた、めっちゃ寒かったっす。さすがソウル…寒い…って感じでした。まだこのころ、日本は暑いくらいだったのに。

木々もすっかり秋色でした。

d0133295_11134280.jpg


さて地下鉄を乗り継いで、博物館最寄りの駅に到着。しかしソウルの地下鉄

乗りやすい!!

です。とても。きれいだし、ちゃんと表示はされてるし、ハングルは読めないけれど、駅ごとに番号がふってあって、すぐわかる。どっち向きなのかわかりやすいし、すごーく乗りやすい。ニューヨークの地下鉄に爪の垢飲ませてやりたいです。ニューヨークの地下鉄の分かりにくさと言ったら死にましたから。

とりあえず博物館に着いて、韓国っぽいものを撮ってみました。

d0133295_11162145.jpg


単なる壁の模様ですが(笑)。そうこうしているうちに、発見してしまったのですよ。

d0133295_11164650.jpg


カチガラスさん

をね~。これは撮らないといけないでしょ!って感じです。あたしもう、実はこのころ、足が痛くって痛くって。運動不足でジャングル歩きまわったせいで筋肉痛と疲労とで死にそうでしたが、カチガラスがいるとなったら撮らないといけません。旦那は博物館を見ている間、あたしはひたすら外で撮影していましたwwwwww

しかし思うんですが、カチガラス、同じ鳥なのに佐賀で撮るのよりずっとそばに寄らせてくれます。いっぱいいるし。なんでこうも、日本の鳥は近くに寄らせてくれないんですかねー。

博物館の外には、なんか遺物っぽいのもあったので撮ってみたり。

d0133295_11202043.jpg


そうこうしているとあまりにも寒くなったし足は痛いしで、とりあえず博物館のロビーで旦那を待つことにしました。旦那と合流して、また明洞に戻りました。さて、お待ちかねの

昼ごはん

でございますwwwwww さて何にしようかーってことで、やっぱり焼き肉をチョイス。プラプラ町をめぐりながら焼き肉屋を探していきました。焼き肉屋、どこもかしこも日本語が通じるんですよねー。おまけに日本円でも大丈夫というすごさ。どこまで円は海を渡っているんでしょうかー。日本でウォンが使える店なんてほとんどないのにね。

いろいろ注文して、どーんと焼いてみました。

d0133295_1123132.jpg


コメは、ビビンバでしょう、やっぱり。

d0133295_11232040.jpg


と、ガスガスと食いあさるあたしたち。まあ、お値段もそれなり、肉もそれなり、ビビンバもそれなりって感じでしたがねー。焼き肉はやっぱり、日本の肉が一番うまいと思いますな。ビールも飲んだりして、幸せに過ごしました。

それからまた、リムジンバスに乗って空港に出発。なんか、ソウルってやっぱ、日本っぽいのでちっとも外国に来たってイメージがないんですよねー。しかもわが県の空港からは、朝に出発して夜に帰ってくる便があって、ソウルに行くのは非常に楽。海外旅行したって気にはとてもなりません。土日にでもフラッと行けそうな感じですな。

んでまあ、飛行機に乗り込んで、あっという間に帰国という運びになりました。帰ってからはとりあえずまだ本調子じゃない旦那を寝かしつけ、ひたすら土産やら何やらの片づけを済ませて、次の日からの仕事に備えたのでありましたー。

ジャングルに戻って、もともと持ってた動物っぽい暮らしをして、それからまた文明社会に戻るのはしんどかったです。どっちかってーとあたしはやっぱ、ジャングルの暮らしがしたいと思った旅でありました。

おしまい。
[PR]
by timetoki | 2009-12-19 11:28 | KOREA