旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

11月7日。ケアンズの鳥たち。

さーて、ラストの日がやってまいりましたよー。鳥見は楽しみは楽しみなんだけれど、この日で旅が終わるんだなーと思うとカナリ憂鬱。でも気を取り直して午前5時半にガイドさんに迎えに来てもらい、出発。最初は有名な探鳥地の植物園へ。植物園といっても広いらしく、本来の「植物園」といわれているところは鳥が少ないのだとか。いかにも鳥がいそうな池に行ってみる。

ここでしばらく探鳥。するとこの旅のお目当てだったワライカワセミが!!でかっ!!ちっとも笑ってはくれないし、外灯の上とかに止まっていらっしゃるじゃありませんか。なのでアップで狙ってみる。

d0133295_11115956.jpg


このほかヘラサギだのモリショウビンかナンヨウショウビンかだのいろいろ撮りはしたものの、まだ暗くてボツ。池にいてきれいだったので撮ったのはカササギガン(たぶん)。

d0133295_11142294.jpg


森を抜けて、いろいろ歩いているといろんな鳥に出くわす。どれも近いんだけど、まだ暗いし空抜きなので写真は撮らず、ひたすら見て歩く。しばらく行くととおーーーーーーく、から、ものすごい警戒している声が。主はズグロトサカゲリ。名前を覚えられなかったあたしは、ずーっとこの鳥のことを「黄色の髭のじーさん」と呼んでました。

d0133295_11161463.jpg


続いて行ったのは墓地(笑)。いやー、日本と違って何て明るいところでしょう。芝生があって、なんだかのんびり。そこにいたのが、オーストラリアイシチドリ。何か幽霊っぽい風貌。ちなみに鳴き声も日本でお化けが出てきたときに使う効果音みたいに「ウィ~ルゥ~」って感じでカナリ不気味(笑)。時々大合唱していたりして、墓地だし「これが夜聞こえたらちょっと怖いかも…」って感じ。でもかわいい。当然あたしは旅の間ずっと「幽霊の鳥」と呼んでました。

d0133295_11194076.jpg


そこで一番お気に入りになったのがナナイロハチクイ。きっれーなんだよねえー。木の上に止まって雌への贈り物持って、ひたすらじーっとしている(笑)。でも雌はなかなか来ず。哀れなフラれ男って感じでした。

d0133295_112168.jpg


その後ミツスイとかも撮ったりして。原色の花に地味な鳥なんだけど。

d0133295_11213851.jpg


それから車でキュランダまで。途中見かけたクロトキ。オーストラリアクロトキ?違うかも。でも絶対名前、間違ってる。黒くないし。シロトキでしょこれは。

d0133295_11223688.jpg


途中のゴルフ場とかに行って、赤い鳥とかリュウキュウガモとか見たし、ナンヨウショウビンとかも見たんだけど、遠かったりブレてたり、電線の上だったりしたので写真はボツ。ボツ多いんだなー。まあしょうがないけども。

キュランダからアサートン高原に行って、ここでもゴルフ場で鳥見。ガイドさんいわく、「ゴルフ場はいいバードウオッチング場なんですよー」とのこと。あ、高原ではでかいインコも見た。珍しいらしく、あたしが車の中でバシバシ撮ってるとガイドさんも撮りたかったらしくカメラを準備している間に逃げ去った。ちょっとガイドさんかわいそう。ごめんねー。

d0133295_11305371.jpg


んで、ゴルフ場では顔色悪いアオツラミツスイやら黄色い髭のじーさんやら見て回る。カンガルーもいっぱいいた。のだけれど、とりあえず今日は鳥ってことでカンガルー写真などは後回し。何か緑色のインコとかもいた。

d0133295_11322188.jpg


まあ、とにかくいっぱいいっぱい。もう結構、鳥はおなかいっぱいって感じになりました(笑)。でも、思ったほど近くではなかったかも。
[PR]
by timetoki | 2007-11-29 11:33 | AUSTRALIA