旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

小豆島に行ってきました。

いつもはユリカモメを撮っている間に行き来するフェリーを眺めるだけだったんだけれど、あまりにもフェリーに乗りたくなって、、、というか、島に行きたくなって渡ってみた。丸一日のプチ旅行。フェリーに乗り込むと、目線の先にユリカモメが。でも、何かおかしいと思ったら、この子足が片足しかない。

d0133295_22431554.jpg


片足ってすごいハンデだと思う。人間だって、片足だったらとてつもなく歩きにくいよね。鳥たちはちゃんとバランスよく飛べるんだろうか。でも、少なくともやせこけて弱っている風には見えないし、撮影しているとササーっと飛んでいってしまったので一安心。強く生きてね…。

さてそうこうしている間に出航。やっぱ船っていいなあ。そのうち眠くなって寝てしまうんだけどね(笑)。島に着いたら、別にあてはなかったのでフラフラと景色のいいところを探検。瀬戸内海は美しいなあ。

d0133295_2246782.jpg


スカイラインっていう名の林道っぽいところをドライブしていると、なんと!鹿に遭遇!すげえ。小豆島って鹿がいるんだあ…。ちょっと感動。いや別に、鹿なんて宮島行けば腐るほどいるんだけど、何となく林の中で見かける鹿ってうれしい。

d0133295_22474762.jpg


当然ながら臆病者で、ちっとも寄らせてくれなかったけれど、それでも満足。

それから猿の国があるっていうのでそっちに行ってみる。いるいる、猿。そこらじゅう猿だらけ。ここの猿は冬になると団子になって「猿団子」ってのが有名なんだけども、行った日はあまりにもポカポカ陽気でちっとも団子になってません(笑)。まあ仕方ないか。また寒い日に行ってみよう。そこで逆光の猿とか

d0133295_22494155.jpg


餌を巻こうとするお客さんに群がる猿とか

d0133295_225024.jpg


子連れ猿とか

d0133295_22501487.jpg


撮って遊ぶ。猿って不思議。鳥とか、鹿とかは「人の気配」はしないのに、猿はちゃんと「人の気配」がする。誰かいる?と振り向けば猿だったりして笑える。あたし撮影していると、ポケットの中まさぐられました(笑)。何も持ってないっつーの。

それから道の駅っぽいところで飯。あたしは島ではいつもカレーなんだけども、ランチがあったのでそれにしてみる。別にご飯としては普通。可も不可もなくって感じなんだけども、スラムダンクがあるのでラッキー。ずいぶん長居して、「あたし小豆島まで来て何やってんだ?」とか思ってみたり。でものんびりするのが楽しいのでそれはそれでよし。小豆島では醤油とオリーブオイルを購入。やっぱ産地だからねー。

まあそんなこんなで昼過ぎになり、フェリーで帰ることに。帰りのフェリーでは海を撮ろうと思っていたので、客室にはとどまらず、甲板に行ってみる。

d0133295_22535721.jpg


ところが、さ、寒い!寒すぎる!何つー風!何だこの風は!ってくらい風が吹いている。もう死ぬ、客室に戻ろうか…と思っているところに、足湯を発見してしまう(笑)。

d0133295_22543741.jpg


この足湯がたまらんのですよ。もう気持ちよすぎ!ひたすらずーーーーーっと、足湯につかっておりました。足が温かいとそんなに寒くも感じないもんですねえ。風は相変わらず怒涛のように吹いていたけれど、この木のいすに座って、海を見ながら足は温かい…という至福の時をすごしました。

外にはユリカモメが飛んでいるし。

d0133295_2256107.jpg


やっぱり海とか船ってサイコーかも。また島に渡りたいなあ~。フェリーが港に着くころにはすっかり夕暮れ。

d0133295_22565945.jpg


充実した冬の一日でした。
[PR]
by timetoki | 2007-12-30 22:57 | 香川