旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

天竺旅行記(その1・出国~デリー)

出発前、いろんな人が書いたインド旅行記を読み漁って準備したあたし。もうガイドなんて要らないよーってくらい、結構な知識を蓄えた…はず。でも読めば読むほどに、「インドって何て恐ろしい国なんだ」という先入観を植え付けられてしまい(笑)、どうなることかとカナリ不安な状況で出発してきました。5月末にはデリーで暴動もあったし、その前にはジャイプールで80人くらい死んだテロもあったし。でもまあ、アジアなんて不安定なところではどこに行っても暴動もテロも当たり前だし。インドに行けば、ゴダイゴが「どんな夢も叶う」と歌ってることだし(笑)。頭の中はすでに「ガンダ~ラ、ガンダ~ラ、They say it was in India」がずーっと流れています。ってことで出発。

朝5時半に家を出て、地方空港に行き、それから成田へ。リムジンバスに乗ったのだけれど、雨のせいか事故!おいおい、到着遅れたらどうしてくれるんだあ~!ちっとも進みやしねーじゃねーか!!と思いましたが、まあ焦ってもしょうがないので、結局バスの中でふて寝して時間をすごしました。アホ(旦那)はなぜか、こういう時にはイライラするらしく、「まだ着かない」「大丈夫かな」などと言ってます。でもしょうがないじゃんねー。どうにかこうにか、到着。チェックインして、海外保険に入って、ブラブラしていました。成田はもう、ひたすら雨でした(汗)。天気予報はインドの天気はあたしが行く日程のところではひたすら雨が降ってる予報。雨女の本領発揮か!?

d0133295_9212331.jpg


成田からデリーまでのJAL直行便はカナリ空いてました。しかも日本人ばっかり。まあインド人ならエア・インディアに乗るだろうし、当たり前といえば当たり前だけれど。おかげで飛行機は楽々に座れていいんだけどさー。飛行機の中では、映画見たり音楽聴いたり、ゲームしたりしてすごしました。暇だった~。飯食っては寝て、水もらっては寝て。暇すぎ!!本も読んでいたりしたんですが、もうほかにすることがないぃ~。飛行機、もっと速く飛べるようにならんかなあ~。そしたらこの苦痛もそんなに味あわなくていいのにさー。

まあ、何だかんだ言っても、飛行機はJALだし、日本人はいっぱいいるし、そこまではインドじゃなかったんですよ。いくら出発しててもね。で、やっと8時間半くらいかかって到着!!腰が痛い!って感じだったんですが、飛行機を一歩出ると、とりあえず感じたのが

暑っ!!

思えば日本は涼しかった。もう夕方近くになろうとしているってのに、この暑さは何なんでしょう。天気がいいのはいいんだけれど、暑すぎ。迎えに来ていたインド人ガイドの人と、ツアーを一緒にするもう一組のカップルさんたちと一緒に車に乗り込み、デリー市内をホテルまで向かいました。その時に見えた初めてのインドの夕日。

d0133295_9305270.jpg


しかし、車、運転荒すぎ!…っつーか、クラクション鳴らし過ぎ!と、思ったのは思ったのですが、インドのクラクションってたぶん、「どけ!」のクラクションじゃなくて「俺がここを通っているから気をつけてよ」のクラクションなんですね~。日本は「どけ!」と半ば怒りモードのクラクションなんですが、インドでは別に怒ってなくても自分の存在をアピールするためにクラクションをビービービービー鳴らします。いたるところでビービー言ってます。うるさいです(笑)。道路に線が引かれているところが少ないから、みんな好き勝手に曲がります。ちょっとでも隙があると、そこに割り込みます。おまけに自転車、リクシャー、オートリクシャー、バイクがゴロゴロ。どこからでも飛んできます。なのに、三車線(車線はないけど勝手に三車線にしている。日本で言えば二車線くらいのところ)で、車がガンガン来ているにもかかわらず、平気で突っ込んで行って曲がります。車間も当然狭いです。ドライバーさんの運転技術には感服でした。とはいえ、みんなそんな車の運転ですが(汗)。

普通の舗装されてる道路とか、舗装されてないデコボコ道とかを進み、やっとホテルに到着。あたしらの泊まったホテルはまあ、中級くらいかしらん。もう一組の人たちが泊まったホテルはものすごくきれいなところでしたが(笑)。部屋に案内してもらい、10時間ぶりくらいにタバコを吸って寝ました。ちなみにホテル、暗かったです(笑)。

d0133295_9395159.jpg


この照明くらいしかないし。でもまあ、何となくムーディーな感じで、それはそれでいいんじゃないかと。まあムードなんて感じることもなく、熟睡することになりましたが。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2008-06-08 09:40 | INDIA