旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

天竺旅行記(その2・デリー~アグラ)

エコノミーの長旅だったので腰が痛かったけれど、ホテルに着いてタバコ吸って熟睡したらあっという間に回復。ガイドのアラムは7時半に迎えに来るというので、6時半にモーニングコールを頼んで、7時から飯を食おうと画策。けど、時差が3時間半もあって、朝の6時半とはいえ日本で言えば10時!目が覚めるっちゅーねんって感じでモーニングコールで起こされることもなくアホもあたしも起床。オーストラリアでは寝過ごしたんだよねえ(笑)。

とりあえずお湯の出ないシャワーを浴びて、ホテルのレストランで飯。メニューはおかゆと野菜炒め、パンとシリアル、薄焼き卵、マンゴージュース、コーヒーか紅茶などなど。しかし、異様に炭水化物が多いんですけどー(笑)。まあ別に、マズくはなくて、それなり。飯が済んで、外でタバコ吸いながらアラムを待つことに決定。と、いうか、あたしは外の景色でも写真撮りたくてー。だって前日は夕方着いたし、夕焼けの写真くらいしか撮らなかったし。

外に行くと、何つーか、、、、廃墟?(汗)

いやいや、廃墟ってことはありません。ここに普通に人間が生きているのですよ(笑)。

d0133295_235264.jpg


砂埃の舞うホテル前。いかにも怪しげな雰囲気満点(笑)。ここがニューヨークなら、あたしは「ヤバそう」センサーが働いて動きもしなかったでしょうけども、インドはこれが普通っちゅーことが前日の車の中からわかっていたので、アホを残して撮影にゴウ。

やっぱりどこでも気になるのが鳥ですな。とりあえずスズメなどを撮ってみます。

d0133295_23542578.jpg


日本の子とはちょっと違う感じ。頭も灰色だし。こんな子がうろちょろしててすごくかわいかった。それから撮ったのはカラス。イエガラスと言うそうですが、これも日本の真っ黒な子とは違って首が灰色。羽はちょっと青みがかってきれいです。

d0133295_23553663.jpg


まあ、ごみを漁っているところなんかは、しっかりカラスでしたがね。

そんなこんなで撮影していても、とにかく暑い!!もう、朝のこの半時ばかりの時間に汗はダラダラ。でもそこに鳥がいるならば撮ろうじゃないですか!って感じで撮りまくりました。そうこうしているうちに、目の前をチョロチョロ走るものを見つけました。ものすごいスピードで走っていくので何だろうと思っていると、リス!!う、ヤバイ。かわいすぎる…。追いかけては逃げられ、シャッターを切ろうとすると動くので被写体ぶれを起こし、ひどい目に遭いながらも撮影。途中2匹出てきてチューするのがラブリー♪

d0133295_23581993.jpg


と、まああたしは撮影が楽しくてしょうがない一日の始まり。そのうちホテルの人が「電話だよー」と呼びに来ます。なんと、ガイドのアラムからで、「渋滞で遅れる」との電話でした。気づくと約束した7時半すでに過ぎてるじゃんかよ!!って感じ。まあ、さすがインドって感じでしょうか。あたし的には時間出来て、撮影できるのが楽しくてしょうがなかったんですがねー。

しばらくしてドライバーが来てくれて、アラムはもう一組のところに行って待ってるとのこと。車に乗り込み、いざ出発!

しかし通勤ラッシュはすごいもんで、とりあえずバイクと自転車の山!!右から左から後ろから前からどんどんやってくるのをドライバーは巧みに避けて進みます。

d0133295_033884.jpg


この写真なんて、車の窓から写したものですが、待ってる後ろのバイクの塊を写そうとしたところで別のバイクが飛び込んできたのですよ~。横に車やバイクがいないことなんてありえないくらいに渋滞!まあこれじゃ、なかなか進まないわなあ~って感じで納得。

もう一組のカップルを乗せて、いざアグラへ出発。アグラと言えば、世界に名高いタージマハル、ムガール帝国の王様たちが代々に渡って大きくしていったアグラ城などがある場所!やっと観光できる~!と楽しみになります。車は渋滞を抜け、田園地帯に入り、小さな町に向かいます。200キロくらいなんですが、結構時間はかかったなあ~。なんせ渋滞ですから。

途中、何か知らないけども、検問みたいなところがあって止まったのはいいけど、来た来た、物売り!!観光客と知るやいなや寄ってきやがって、ネックレスを買えだの小さなチェス板買えだのうじゃうじゃ寄ってきます。いやはや、商魂逞しい。全部無視ってさようなら。でも、今思えば、この時何か買ってればよかったなあ。そもそもあたし、どこに行ってもそんなに買い物とかしないので、さっぱり分からないのですよ(泣)。

だいたい4時間ぐらいかけて、やっとアグラに到着。やっと観光できる!!と思いきや、飯だと(笑)。まあ腹もだいたい空いてきていたので昼食に向かいます。完全外国人用って感じの飯屋に連れて行かれ、まあそれでもカレーを食うことに。大きな皿にインド人が盛り付けてくれました。

d0133295_0151975.jpg


んで、出来上がったプレートはこんな感じ。豆のカレーとかチキンのカレーとかチーズのカレーとかいろいろで、ナンはめちゃめちゃうまい。バクバク食わせていただきました。

d0133295_0155793.jpg


ようやく終わったころ、やっとタージに会える!と思ったら、アラムが「暑いので観光は夕方近くになってからしましょう」と言い出す。さらに「アグラは大理石が有名です。大理石の工場に見学に行きます」と言い出す始末。来たよ来たよ、こうやって大理石買わせるんだなこりゃって感じで、今まで本で散々読んできた手口がやってきました(笑)。あたしは大理石なんて何の興味も持たない人なので、途中でアラムに「あたし興味ないから外で待ってる」と出て行こうとすると、アラム必死に止めます(笑)。頭にきたので怒鳴りつけてしまいました。暑かったのもあるので(汗)。そうしたらさすがにアラムもあきらめてくれて、アホは一人で見に行きました(笑)。

あたしはその大理石屋の外に出て、被写体探し。でもそこってイマイチなんだよねえ~。あまり遠くに行くワケにも行かないし、一人でブラブラと町を歩いてみました。し、しかし暑い…。もう、汗だくですがな。ほんの10分くらい歩いただけなのにさー。リクシャワーラー(リクシャっつー自転車の人力車をこぐ人)たちが涼しいところで待機してました。

d0133295_0212022.jpg


カメラを向けると笑顔で答えてくれました。かわいい。そのうちガキが寄ってきて、あの銅像は何だとか言い出す始末。出た。「勝手にガイド」(笑)。これも予備知識があったので、「金払わないよ」と前置きしてスタスタ歩いて写真撮って楽しみました。

でもあまりにも暑いので、また大理石屋の店先に行って休むことに。そのうち外にはカモがやってきたーとばかりにワラワラとまた物売りたちが(汗)。何か変なおもちゃを売りつけようとしたり、ガキは金くれと言うし。適当にあしらってさようなら。店先では、工員たちとおしゃべり。どこから来たとかいろいろ話して楽しかった。店の人に水を恵んでもらいました←お前が恵んでもらってどうする(汗)。でも、冷たくてすごくおいしかった。ごめんねあたし何も買わないのにねー。


…って思ってたら。アホがちゃっかり買わされて戻ってきやがった!(汗) お前はホンマモンのアホや!! とののしったのは言うまでもありません(笑)。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2008-06-09 00:29 | INDIA