旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

天竺旅行記(その4・アグラ~バラナシへの列車)

世界中の人たちを魅了するタージ。インドを象徴する建物を目の当たりにします。大理石の白さ、何もかもが美しい建物です。これが愛する妃を眠らせる墓だとは。女としては、愛した男からここまでのでかく美しい墓を建ててもらうのは本望なんでしょうが、あたし的には気になったのはこの建物を造るために労働させられた人々のこと。どれだけの人が過酷な労働をさせられたんだろうなあとか、ちゃんと報酬はあったのかなあとか。きっとやっすい給料でさせられたか、奴隷がさせられたか。この建物を造った人はシャー・ジャハーンだということになっていますが、本当に造ったのはそういう労働者たちだろうと思うのです。

あたしが人工物が嫌いなのは、そういうところがあるから。名もない人々は、どんな思いで建物を造ったのかということを感じてしまうから。エジプトのピラミッドも墓ですが、たぶん見れば同じことを感じるような気がします。労働者たちは「これは俺たちが造ったんだ」と少しは誇りに思うことがあれば救いなのですが。しかもこの建物は、墓。城ならまだ分かる。敵の来襲に備えて、強固なものを築く気持ちも分からなくはない。けれど墓でしょう?死んでからまでそんなにでかい建物が必要か?と思ってしまう。あたしなら、アホがもしも権力者だったとしても、「あたしの灰はガンジス河に流してくれ」と言うだろうなあ。

とはいうものの、美しいことに変わりありません。何万人もの人たちの努力の結晶。細部まで、とことん美しく仕上げてあります。シャー・ジャハーンは大理石がお好みだったとかですが、あまりにも白く美しく、そして悲しい墓でした。

d0133295_03035.jpg


タージに昇ってみました。ヤムナー河に夕日が差し掛かっていました。もう夜はもうすぐ。

d0133295_031092.jpg


タージを後にした一行。夕暮れとはいえまだまだ暑いのですよインドは!!観光はとてもしたかったけれど、暑くて死にそうでした。汗は流れるようで、パンツからTシャツからびしょびしょ状態です。不思議なことにもう一組のカップルさんは涼しげなんですよねえ。汗かかない体質らしく。あたしとアホだけなんかものすごく汗かいていました(笑)。でも、汗かかない人は涼しげに見えますが、たぶん熱は中にこもるだろうから、それはそれで暑いだろうなあ。

とかいろいろ考えながら、お弁当を受け取るホテルに到着。もう一組のカップルさんのお姉ちゃんの方と「もうここから動きたくないねー」と、涼しいホテルの中でタバコ吸いながらまったりしていました(笑)。今夜は列車に乗るのです。寝台列車でガンジス河のほとりの町・バラナシまで向かうのでした。

ツンドラ駅っつー駅についたときはもう、すでに真っ暗。とっぷりと夜になってしまいました。天気、いいのはいいんだけど、暑すぎです。もうずーっと「暑い暑い」を繰り返していました。日が落ちてもまだ暑い!電車は例によって例のごとく遅れて、さすがインドって感じでしたが、5時間待ちってことはなくてよかったです。最初アラムは「30分くらい遅れてるらしい」って言っていたけれど、結局小一時間かな(笑)。ホームで待つのはいいんですが、ホームはネズミばっか(笑)。ものすごくでかいのがチョロチョロしていました。かわいかったです(笑)。

やっと一時間過ぎて、やっと列車がやってきました。「これで列車の中が暑かったら許さん!」と思っていたのですが、も、ものすごく涼しい!!めちゃめちゃ快適です。一気に汗が引きました。幸せでした。列車の中は、4人眠れるベッドがあって、あたしらの向かいはカルカッタから来た赤ちゃん連れのお母さんと家族。ものめずらしい感じであたしらを見ていました。説明に来たアラムとなぜかそこは英語で話してお母さんとも英語で会話して、楽しみました。思えば写真撮ればよかったんだけども、何だかすごーく疲れていて、カメラを出す気力がなかった(笑)。

弁当を食って、さあ寝ようかなーと思ったんですが、ウワサのインド式トイレを見なければ!と、列車の中のインド式トイレを撮影には行きました(笑)。インドのトイレは紙がなくて、手で洗うってのは聞いていましたが、あたしらが泊まった最初のホテルは外国人用だったので普通の洋式トイレ。インド式を見るのはここが初だったのですよー。列車には、ちゃんと洋式もあったのですが、インド式が見たくって見たくって(笑)。で、これがインド式トイレ。

d0133295_0495690.jpg


割ときれいなトイレでしたよ。一度試してみました(笑)。インド式っていうか、和式とたいして変わらないし。今でこそ、日本は洋式が増えましたが、うちの実家は今でもこんな感じだし。もちろん紙はないけれど、日本の列車のトイレよりよっぽどきれいなんじゃないかなあ。

そして戻ってきて、毛布をかぶって深い深い眠りに落ちていきましたとさ。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2008-06-12 00:24 | INDIA