旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

紅葉にはちょっと早い旅(その7・番外編、雛見沢村)

今日でホントに、9月に行った2泊3日の旅の旅行記はおしまいです。今日は番外編ってことで。今日の日記を投稿する前に、

ひぐらしのく頃に

というパソコンゲームを紹介しなくちゃなりません。まずなぜ「な」だけ赤いのかというと、本家がそういう表記だから合わせてみたのでした。

さてこのパソコンゲーム。ゲームというのはどうかなーって感じです。なぜなら、

ただひたすらに文字を読んでいくだけ

のゲームですから。どっちかというと、小説に近いかもしれません。あたしゲームはロープレくらいしかしませんが、選択肢なんてまったくなし。ただひたすらに読んでいくものです。まあ音楽があって、背景があって、登場人物は絵として出てきますが、微細な表情とかが出てくるワケでもなく、もうホントに、小説って感じのものです。

時は昭和五十八年六月。雛見沢村という田舎の小さな村に、都会から転校生がやってきます。彼の名前は前原圭一。たぶん、中学2年生くらいの設定ではないかと思います。雛見沢村には、学校はひとつしかなくて、圭一と友達になったのが、雛見沢村を牛耳る園崎家の次期頭首の園崎魅音、魅音や圭一と同じ年くらいの竜宮レナ、ちょっと年齢層が低くなって、あたしの中で勝手に小学3年生くらいにしてしまっている北条沙都子、雛見沢村の守り神で通称「オヤシロさま」と呼ばれる古手神社の娘・古手梨花の4人。圭一も合わせて、5人は学校でとても楽しく過ごしていきます。

けれど、ふとしたことがきっかけで、圭一は雛見沢村の過去の話を知ってしまいます。雛見沢村はかつて「鬼ヶ淵村」と呼ばれ、鬼の住む村だったこと、過去4年間、毎年6月に行われる古手神社の「綿流し」というお祭りの夜、毎年誰かが殺されていること…。そして圭一は、仲間たちにそのことをたずねますが、どうも様子がおかしい。もしかして今年も惨劇が起きるのではないか…と、圭一は恐れ出します。そしてそのターゲットは、よそ者を嫌うこの村で、自分たちではないか…とも。仲間だったら隠し事なんてせずに、教えてくれればいいのに、誰もが口をつぐみ、疎外感を感じ始めるのです。そして綿流しの日、5年目の祟りがやはり起きてしまう…という感じのお話です。あたしの好きなダーク系(笑)。物語は惨劇を起こしているのは誰か、最後には分かるようになっています。

この物語、アニメ化もされてるんですよね。でも、鉈で殴り殺すシーンとかがあって、以前高校生の女の子が父親を鉈で殴り殺したのはこのアニメのせいではないかとか言われて、放送が中止になったりもしました。確かに惨劇は毎年起こり、鉈で殺したり、金属バットで殺したり、いろいろするんですが、この話の伝えたいことは最後まで読めば分かるのですよね。誤字脱字もあったり、退屈なシーンなんかもあるんですが、基本的にとても面白く読めるお話です。小説化もされていますので、読んでみたい方は手にとってみてください。

んで、前置きがものすごく長くなりましたが、このパソコンゲームのバックに使われている写真が、岐阜の白川郷なんですよね。白川郷は白川郷で合掌造りの家がとても素敵な場所でした。けれどあたしにとっては、なんだかここは「雛見沢村」という感じです(笑)。この物語を知っていたから、ただ「世界遺産」というより、「雛見沢村」に来た感じでとても楽しめました。

旅行に行く前、プリントアウトしていった「雛見沢村の地図」を持っていざ探せ、「ひぐらし」の世界をって感じでてくてく。まずは入江診療所に着きました。

d0133295_22594753.jpg


何ということもない白川郷の診療所ですが、もう「入江診療所」にしか見えませんでした(笑)。

続いて、オヤシロさまの古手神社に行こうとしたのですが、なんと、真反対な場所にあります(泣)。テクテク歩いて行くのですが、暑い&前日からの疲労で疲れました。距離的にはそんなにありません。短い距離なんですがねー。やっと着いたときは感動ものでしたよ。

d0133295_232334.jpg


近くまで寄ってみます。古手神社にはやっぱり10円ささげてきました。物語では、ある人物が10円入れようとすると、オヤシロさまが突き返すというシーンもあるのですが、無事にあたしは賽銭箱に納まりました。

d0133295_2332486.jpg


続いて、雛見沢村の祭り「綿流し」が行われる川を渡ります。

d0133295_234582.jpg


着いた先は、雛見沢村を牛耳る園崎家の本家でした。魅音の家でもあります。

d0133295_2352154.jpg


白川郷の道の駅まで戻って、主人公の前原圭一の家に行きました。

d0133295_236568.jpg


ま、実際はクリーンセンターとかです(笑)。でも、物語では圭一の家とされています。何の変哲もないクリーンセンターなんだけど、たぶん、ここで写真撮った人は結構多いんだろうなあ~。


しかーし、ここで、前原屋敷に近づこうとすると、足元に


マムシ!!008.gif

思わず「ぎゃあああ」と叫びましたよ。危なかったー。危うくかまれるところでした。オヤシロさまが怒ってるんじゃないかとヒヤヒヤ(笑)。さすが雛見沢村です。ビビらせてくれます。

道を隔てた正面にある古手神社の秘密の祭具殿。物語では圭一がここに忍び込んだりして大変なことになる場所だったりします。あたしも一瞬忍び込んでやろうかと思いましたが(笑)、さすがにいい大人なのでやめました(笑)。

d0133295_2392162.jpg


でも、特に古手神社のところで、あたしと同じように「雛見沢村観光地図」を持った人たちが何人も来ていて、記念写真とか撮っていたのが笑えます。「あーこの人たちもひぐらし好きなんだなー」と感慨深くなったりして(笑)。神社に奉納されていた絵馬のほとんどがひぐらしファンたちのもので笑えました。でも、

d0133295_23133025.jpg


↑こういう気持ちは分からなくもなかったり。まあとにかく、ひぐらしのなく頃にをプレイしていれば、白川郷が2倍楽しめることは間違いないです。あたし自身、とっても楽しむことができました。白川郷、また行ってみたいです。今度はぜひ、

ひぐらしのく頃に

ね。お約束でしたー。
[PR]
by timetoki | 2008-10-13 15:35 | 岐阜