旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

春というかすでに夏の沖縄の旅(その1)。

さーてさて。しっかり行ってきましたよ! 2泊3日沖縄の旅! だいたいそもそも、沖縄に行こうと思ったのは、1月末にもらった2月の勤務表に、予期せず3連休がついていたから。別に休み希望出したワケでも何でもなかったんだけれど、こういうときだけ「部長ありがとう♪」って感じでした。んで、こうなると当然ですが

どっか行かなきゃ

って気になってしまうのですよあたしは。なんかね、焦燥感にかられるっていうか、どっか行くことが義務みたいな感じになってしまうのです(笑)。そして、場所をいろいろ物色してチョイスしたのが

石垣島

だったんですねー。石垣は以前も行ったことあるけれど、前回は本島1日、石垣1日半って感じだったので、今回は石垣だけ行こうと。本島はもう、特に見たいものないしねーって感じで石垣ツアーに決定。

旅行会社に電話して「石垣のホテルと飛行機とってください」と連絡。その日のうちに決定してしまうというすばやさで決行しました。

当日まではウキウキワクワクだったんですが、決めたのが直前だったので、あっという間に当日がやってきました。いいのです。あたしがあまりにも楽しみにすると

雨が降る

ので、直前に行き先を決めるってのが一番いいかも。一度、北海道に行ったときは4日もいて4日間とも全部雨だったことが思い出されます(汗)。それだけはカンベンして~って感じでしたが、今回「楽しみにする時間」が短かったせいか、雨には降られずに、ものすごいいい天気で暑いくらいの旅行になりました。

さて当日。前日の夜勤から帰ってきて例によって

眠れない

夜を過ごして、明け方眠ったんだけれど、何とか朝起きることに成功。いそいそと支度をして、まだ寝ている旦那に「じゃ、行ってくるからー」と声をかけて出発。空港に着いてすぐ、腹が減ったので、空港のカフェでチョコクロとコーヒーでまったり。タバコ吸いに喫煙室に向かっていると、あれれ、知った顔が!

10年くらい前に、県南で仕事していた時の知り合いでした!きっぐうぅ~と思ったら、そのご夫婦も沖縄にちょうどあたしと同じ日程で行くっていうから二重に奇遇とびっくり。しばし懐かしい人のお話したりして、時間はあっというまに過ぎました。そして搭乗するとともに、あたしは

爆睡

だったのです(笑)。乗ったと思ったら、もう那覇に着いてました。朝知り合いとおしゃべりしていた時間よりもあっという間に那覇。いつの間に着いたのかって感じでした。那覇はやっぱり

暑い!

って感じです。まあたぶん、暑いの苦手なあたしは、これは予測の範囲内。下に半そで、上にセーターという服だったので、セーターを脱いでとっとと夏仕様にしてしまいました。

知り合いに「また明後日会いましょう!」と声をかけて、その場を去り、あたしは石垣に向かう搭乗口に向かいました。そして、その便に乗ったのはいいんですが、またしても

爆睡

だったのですよこれが(笑)。あたし、飛行機に乗ってた時間の記憶がまっっったく、ありません(汗)。

この日の予定はちなみに、石垣に到着するのが1時40分なので、そこからタクシーに乗って2時半の船に乗って竹富島に渡る予定だったのです。で、予定通りの時間に到着して、バタバタと飛行機を降りてタクシーに乗りました。すると、1時55分には乗り場まで着いてしまい

これは2時の船に間に合うっっ

ってことで、サクッとチケットを買って、バタバタと走って桟橋まで行きました。何とかセーフ!これで30分は島に長くいれる!と、結構ウキウキでした。ただでさえ暑いし、ホントは乗り場で荷物をロッカーに入れて、カメラと財布だけ持っていくつもりだったのに、そんな余裕なんてなくバタバタと乗り込んだので全荷物を抱えたまま。

重かったです(泣)。

でも、そんなこと言ってられません。30分の時間のほうがよっぽど貴重ですから。

高速船はあっという間に竹富島に到着。テンションあがります!一人ですが(笑)。

港に待っていたレンタルチャリ屋さんのバンに乗り込み、町のほうに行きました。チャリを借りていざ!

竹富探検出発!!

もうね、どこ歩いても絵になるんですよこれが~。幸せです。どこ撮っても絵になるっていうか。たとえばシーサー。

d0133295_47112.jpg


こんな子がうじゃうじゃいて。どこのシーサーでも撮りたくなってしまいます。どの子もかわいすぎです。萌え死ねます。

町の中は、珊瑚の殻で作った壁が取り巻いています。台風対策なんでしょうかねえ。防風林みたいなもんでしょうか。どこの家でも、こんな壁があってかわいいです。

d0133295_48320.jpg


生垣には、ハイビスカスの花がもう咲いていました。

d0133295_411514.jpg


雰囲気は夏って感じです。まあ実際の気温も夏って感じでしたが。暑かったですよー。

余談ですが、あたし、この日に

ツキイチ

が始まってしまい、もう死ぬかと思いました(泣)。腹は痛いし、ホントは動くのもしんどいのに、チャリで島めぐりですかー!って感じで。でもこればっかりはしょうがない。病気じゃないんだし、ひたすら頑張りますよあたしは。根性です。いつもはヘタレですが、こんなときは絶対に諦めません(笑)。

そんな中でしたが、とにかくもうひたすら歩いてチャリこいで、いろんなところでガスガス撮影。そうそう、見つけました。コマーシャルにもなった

竹富郵便局です。
d0133295_4151879.jpg


シーサーが乗ってて、かわいらしいったらありゃしない。ちょっと観光地っぽい感じはするんだけれど、なんだかとにかく、かわいい町でした。観光客くらいしか人は歩いていないし、観光客もオフシーズンで少ないし、思う存分、好きな写真を撮ることができました。

ハライタはピークでしたが(泣)。

さて、ひとしきり町の写真を撮って、シーサー撮って、次はどこに行こう…と、考えあぐねましたが、そりゃ、やっぱ、何と言っても



でしょう!沖縄っつったら青い海でしょ、青い空でしょ…と、何だか観光宣伝みたいな感じではありましたが、とりあえず名所となってる

コンドイビーチ

を目指しました。あたしねえ、でも、いつもどっかで「自由にしていいよ」といわれると、地図も見ずとりあえず自分の感覚で歩き回るので

現在地が分からない

という事態に陥るんですよ(汗)。このときもそうでした。「ここはどこ?あたしは誰?」状態です(泣)。さてあたしは、無事にビーチまでたどりつけるのでしょうか…。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-02-15 04:32 | 沖縄