旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2008年 09月 21日 ( 1 )

さてさて。上高地の続き行きましょう。大正池からあたしは、ゆーっくり、のーんびり、河童橋を目指します。天気はすこぶるいいし、暑いくらい。とはいえ、下界と比べれば涼しいんですがね。気持ちよくて、いくらでも歩いていたい感じでした。

道の途中は、うっそうとした森。

d0133295_1393288.jpg


緑のシャワーが降り注いで、心から癒やしの空間。ちょっと下るところがあって、梓川まで行くと、


青の洗礼!


どうよこの青!カモですら撮りたくなる青さですがな。

d0133295_132057100.jpg


木の切り株やら

d0133295_13212414.jpg


山の風景やら

d0133295_1322315.jpg


見ながらどんどん進みます。
途中には、昆虫たちも花たちも。

蝶を撮ったり

d0133295_13315771.jpg


ヤンマの飛翔シーンにカメラ向けてみたり

d0133295_13321852.jpg


まあこんなところで撮らなくてもいいじゃないかって思うんですが、ついカメラを向けてしまいます。マクロは使わないからもっていくのやめようかなーって思っていたんですが、重い思いをして持っていった甲斐があるってもんです(笑)。

そうこうしているうちに、やっと到着しました。河童橋。なんつーか、普通の橋でしたよ(笑)。なのになんでこんなに有名なのか不思議。人はいっぱいで、写真撮る気にもならなかったんですが、一応河童橋から見た山など。

d0133295_13342815.jpg


それからまあ、土産屋などを見て、帰ろうとしたんですが、びっくりなくらいに人!バスターミナルがすごい人なんです(泣)。「これいったい、何時間待てばバスに乗れるんだろう、レンタカー返すのに間に合うかなあ…などと思ってちょっとあせりましたが、そこは有名な観光地。有名な観光地って、こういう足についてはそんなに待たされることもなく乗れるのが素敵。何台も何台もバスが来て、運んでくれます。びっくりでした。

さてそれからまた松本に戻るのです。帰りもしかして混んでたりしないかなーと思ったんですが、そんなこともなくスイスイ。まあ、信号とかほとんどないですしねー。この旅で一番「失敗したなー」と思ったのは、CD持ってこなかったことくらいかなあ。ラジオ聴きながら、のんびりと車を走らせても十分間に合いました。

レンタカーを返して、駅前のホテルにチェックイン。しかーし。ここであたし不覚にも、寝てしまったのですよー。やっぱり夜勤明けにあそこまで行ったので、カナリ疲れていたと思われます。篤姫見ようと思ってたのに、起きたのは何と九時でした。すっかり夜になってしまってます(笑)。

さすがに腹が減って、外に食いに行くことにしました。あたしは旅の夜は一人でどっか飲み屋に入って飲んだくれるのが常なのです(笑)。どこがいいかなんてまったく知らないので、とりあえずホテルの近くの居酒屋っぽいところに入りました。が、ものすごくガランとしています。

魚とか肉とか好きなだけ食って、ビールガンガン飲んで、ほろ酔いになって気持ちよく外に出たら、怪しげなお兄さん(おっさん)が近づいてきます。何を言うかと思ったら

「おにいさんおにいさん、いい子いるよ~」

「一発ヤってかない?」


…風俗店のキャッチでした(汗)。

てかあたし、女なんですけどーーー!!(笑)


で、「えーと、あたしですか?」と返事をすると、さすがに向こうも、女の声だと気づくらしく「え、あ、え、す、すいません…」と言って、サササーっと去っていきました(汗)。

これ、三人くらいにやられました。

いやね、確かにあたし、自然の中を歩くから、ちょっと男らしい格好はしていましたよ。髪も相当短いし。けど、おっぱいあるんですよ(笑)。なのに、それはないでしょー(汗)。

確かに昔、冬場でコート着てて、おっぱい分からないようになっていた時に声かけられたこともありましたが、夏場でこれはびっくり。松本のキャッチの皆様、女の子にその声のかけ方は間違ってますよ(笑)。
[PR]
by timetoki | 2008-09-21 13:49 | 長野