旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:富山( 2 )

さて念願の室堂に着いたワケですが、目指すはとりあえず雷鳥さま!ってことで、歩きまわります。あっちに行ったりこっちに行ったり。でもねえ、とにかく空気きれいだし、雰囲気がすこぶる良いのですよー。ここだけ行けば十分って感じかなあ。あたし今度また訪れるときは、富山から入って室堂まで行って引き返そうかなって思っています。

立山のど真ん中って感じで、とてもきれいな山が迎えてくれました。

d0133295_235545.jpg


地面を見ると、草が黄葉になってます。

d0133295_2353313.jpg


とりあえずは、火山の噴火によってできたとされる池まで行きました。ミクリガ池という名前がついています。神様の台所?とか言う意味だったような。水はとてもきれいで、ここが立山のメインの観光地だというのに、人はそんなにたくさんいたワケでもなく、静かに見て回ることができたのはうれしい。

d0133295_2374165.jpg


この池の周りを行ったり来たりととにかく歩きました。歩きすぎて足が痛くなりました(運動不足)。おまけに、さ、寒いっ!!

ってことで、突然、ホントに予定も何もなく、唐突に、行きたくなったのが


温泉

でした。何を隠そう、あたしは温泉ふぇち。風呂は嫌いですが温泉は大好きなのです。車には温泉セットが積んであって、どこに行っても行けるようにしてあるし、そこに温泉があるのなら入ろうじゃないですか!ってことで、たぶん日本一高い場所にある温泉に入りました。

600円と、温泉にしてはそんなに安い方でもないんですが、とにかく冷え切った体を温めたくて、荷物をロッカーに預け(100円)、いざ素っ裸になって、突入!!

したのはいいんですが、

忘れたんですよ。

何をって?

タオル

です(汗)。まんまとあたしは荷物の中にタオルを忘れ、持って入ろうなどということはつゆほども思わず、素っ裸になった時点で気づきました。

しかし、ここまで来て、100円のコインロッカーを開けてタオルを出すのはめんどくさい&もったいない! と思ったあたし。そのままもう、入ってしまいました(笑)。

温泉は気持ちよかったです。別にどうしてももう一度入りたい温泉ってワケでもないんですが、疲れた足と冷えた体に優しい。うーん、満足。幸せ。ひとしきり浸かった後、しばらく湯船から出て、ボーっとしていました。周りにもそんな人がいるので気にはならないでしょうが、あたしが何をしていたかというと、要するにタオルがないので

自然乾燥

していたんですよねー(笑)。まあ、完全に乾くってことはなかったのですが、多少ぬれてようといいやーってことで服を着て、温泉のところにあった飯屋でかき揚げうどんを食いました。このへんって、白えびが有名らしくて、かき揚げはなかなか美味でした。いつものくせで、旅行に行くとカレーが食いたくなるあたしでしたが、ここはあえてカレーではなくかき揚げうどんにしてみて正解だったかも(笑)。

さてそこからも、ひたすらひたすら雷鳥さま探しが続きます。当然ですが、雷鳥さまだけに会いに来たわけではなくて、いろんな植物も撮りました。

エーデルワイスっぽいのとか

d0133295_2494958.jpg


名前知らない白い花とか

d0133295_250725.jpg


こんなに寒い場所なのに、がんばって咲いている子たちがかわいくて。

しかし、この場所ってすごく静かなんですよね。高いところだから、住む動物も鳥も限られるのでしょう。時々、バサバサッと音がして「何?雷鳥さま?」とか思うとカラスで、「なーんだ、カラスかー」と思ったんですが様子が違います。

d0133295_2513919.jpg


体にたくさんの☆を持つ、ホシガラスさんでした。ちっとも人間を恐れることもなく、近くまで寄らせてくれたし、この子はサービス満点でした。

それからも歩いて、歩いて、ひたすら歩いて、ミクリガ池と、もうひとつあるミドリガ池の周辺をひたすらウロウロ。ここではミクリガ池が有名なんですが、あたし的には、ミドリガ池のほうが好きかも。ミドリガ池から立山をのぞいてみました。

d0133295_2534498.jpg


何でミドリガ池が好きかってーと、湖面に写るんですよ。黄色に染まった葉っぱたちが。

d0133295_25416100.jpg


きれいで、どこを撮っても邪魔な人工物なんて写らなくて、あたし的には大満足な一日。幸せでした。

さて夕方も近くなってきました。なんだか小雨模様にも。そろそろ町に帰ろうかなーって思って、バスに乗り、電車に乗って、富山を目指しました。バスに乗る直前、雲間から山がのぞいていました。

d0133295_2555820.jpg


山の神様に「また来るからねー。今度は雷鳥さまに会わせてねー」とお願いしてこの地を去りました。でも、やっぱここはいいところだなあ。上高地はもう行かなくてもいいと思うけれど、この場所にはまた来たい!と思わせてくれました。
[PR]
by timetoki | 2008-10-06 02:58 | 富山
なんだかちょっと時間が空いてしまいましたが、なぜかというと要するに

仕事が忙しくてだるかった

だけなのです(汗)。なーんかここんとこ、ちょっと忙しいんですよね~。泣けます。家に帰ってパソコン開く気力がないっつーか。まあ、休みの日はいそいそと撮影には行っていますが。

さてこないだの旅の続き~。もはやどこまで書いたっけ? と、自分の日記読まないといけない感じですが(汗)。たぶん、黒部平までのお話だったと思います。そこから7分間のロープウェイ。一番いい場所を確保するために並んで待って、窓の開いたところをゲット!いやー、別にそこまでする景色でもないかと思ったんですが、写真家の血が「早く行っていい場所を探さないと!」とあせらせてくれるのですよー(笑)。

d0133295_2326620.jpg


紅葉にはちょっと早い景色。これが10月だとものすごくいい紅葉になるそうですが、まあしょうがない。ちょっとだけ、黄色になった葉っぱもありました。

ガキがいたりして、窓を覗きたそうにしてましたが、そんなこたー許さない!あたしはちゃんとあんたたちより長く待ってたんだから!って感じで

大人げない

んですがそんなことは気にしません(笑)。これが社会のルールじゃあああ~と、一人でご満悦してみたり(笑)。

窓の向こうには、立山がそびえています。途中、下りのロープウェイにもすれ違いました。こっちと一緒で、ものすごくたくさん人が乗っています。

d0133295_23325057.jpg


立山って高いんですねー。

まだ雪が残っている場所もあり。

d0133295_23333832.jpg


こんな雄大な風景を満喫しながら、どんどんロープウェイは進みます。大観望駅からはまたトロリーバスでトンネルを抜け、この旅で一番高い場所・室堂に到着しました。

d0133295_2335664.jpg


しかーし、外に出ると、ものすごく寒いんです!!11度だったかなあ。半そでTシャツ一枚の人、あたし以外にいません(笑)。でも、それでもあたしはリュックの中からセーターを出さずにがんばりました(笑)。

さーて。やっとお目当ての場所に来ました。要するにあたしは、室堂に早く着きたくて、ものすごーくここまでの道のりを急いできたのですよ。なぜなら室堂にはあの雷鳥さまがいらっしゃるから!!

結論から言えば、雷鳥さまは会えなかったのですが(泣)、室堂に着いたらもう、あとはひたすら

歩く歩く歩く…!!

の時間が待っていました。ものすごく寒い中、半そでTシャツ一枚で、一人で歩いてる人なんてあたし以外にいないのが笑えますが、そんなことはお構いなしでひたすら歩きました。結局3周くらいしたなあ~。今思い出してもアホみたいに歩いた。

雷鳥さまには会えなかったけれど、室堂はすんばらすぃ~です。何がすんばらすぃ~のかは、次回ご紹介。
[PR]
by timetoki | 2008-09-28 23:43 | 富山