旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:沖縄( 5 )

いい加減に沖縄旅行を終わらせないとなーってところで、やっと書く気になりました(笑)。なんだか、終わってしまうのが悲しいような、でも終わらせないと次の日記が書けない…みたいなところもあって複雑です。まあ今回の沖縄旅行を振り返ると

大満足

って感じでしたね。また次の旅がしたい!次に行くのはどこかなあ~。春には立山に行きたいと思っているんですがね。今年の海外も予定を組みたいところだし、とにかく楽しみです。

さて話は戻りますが、沖縄3日目。最終日です。前日はものすごくいい天気だったのに、この日は前日の夜ホテルから天気予報を見たら「曇り」との予報。どよーーん(泣)。

朝起きると昨日までの青空はどこに行ったの?ってくらいどんよりしていました。でも、せっかくの最終日なので、とりあえずレンタカー借りてそのままゴウ。フラフラと巡ってみました。この日最初に会ったのは

d0133295_21543110.jpg


クロサギでした。なんか、内地に住んでいるあたしからすれば、水辺にいるこれくらいの大きさの黒い鳥っていえば、カワウとかを思い出してしまうんですが、石垣ではクロサギでした。でも、このクロサギって、白色体もいるんですよねー。ちなみに前日の夕方、証拠写真程度に撮りましたがこの子も

d0133295_2158885.jpg


クロサギ

なんですよー(笑)。ありえんでしょ。クロサギちゃいますって~。シラサギでしょー君は…って感じで笑えました。

その他は市街地で見かけた

d0133295_21594140.jpg


ギンムクドリとか

d0133295_21595585.jpg


シマアカモズとかパチリ。ムクドリ、モズなんかは市街地の方がよく出ますね~。でもなんか、暗くって、シャッタースピードがあがらないので感度上げて撮ったので、これはもう、ここでしか公開しません。

それからもフラフラして、撮れる被写体を探しますが、なんとなく疲れもあったり、天気の悪さもあったりしてまあいいやーと、まちなか写真でも撮ってみました。

撮影していると、おうちに飼われていた犬からほえられました。ふと、そっちを見ると

???

と、あたしの頭の中はなってしまいました。だってね、論より証拠、写真を見てください。

d0133295_2251625.jpg


ね、ねえ、この犬…

なんで眉毛あるの?

って感じです(汗)。どう考えてもこれ、眉毛書かれてますよねえ。なぜ。石垣では犬に眉書くのがはやってる…なんてことはないですよねえ~?

ガジュマルのでかい木があったのでパチリしてみました。

d0133295_2263925.jpg


そんな感じでまったりと過ごし、ちょっと土産でも見に行くかーってことで土産売ってる商店街に行ってみました。そこで塩とジーマーミ豆腐とフーチャンプル用の「ふ」を買ってバッグに詰めて、沖縄終了。しかしこの日、風が強くて「飛行機ちゃんと飛んでくれるよなあ…」と少しだけ不安でした。

コンビニでさんぴん茶を買って飲んで、レンタカーを返して、空港まで連れていってもらい、那覇行きの飛行機を待ちました。まだ少し時間があったので、鷹連雀さんから教えてもらって買っていた「空の中」って小説を読み始めます。空の旅にはうってつけの小説でしょう!

最初なかなか進まなかった小説も、搭乗時間くらいになるともう、面白くて面白くて!那覇までの四十分、那覇からここまで帰るまでの1時間半、ずっと読みっぱなし。行きとは違って全部読書に使いました。それはいいんだけど、めっちゃ面白くてやめられませんでした。帰りの飛行機はものすごくすいていて、ちなみに行きに会った十年くらい前の知り合いともまた「楽しかったですねー」とか話して、いつの間にか本は読了して、いつの間にかあたしのいつも住んでいる県までたどりつきました(笑)。

帰ると、旦那がちっとも家事していないのにブチ切れそうになりましたが、自分が散々遊んでいたので文句は言わず(笑)、自分の洗濯物を洗濯して、次の日の仕事に備えましたとさー。

おしまい。
[PR]
by timetoki | 2009-02-24 22:15 | 沖縄
さて昼飯も食ってタバコも吸って、満足なあたし。そこからもまた石垣探訪は続きます。ガイドのSeaBeansさんに

きれいな海の写真が撮りたい

とリクエストしてみました。そこから海を求めてさまよいます。やっぱ沖縄っつったら海だよねーみたいな観光客ならではの目的ですな(笑)。

あたしそういえば、以前の石垣の旅では、行っても行ってもビーチにたどり着かない…ということがあったんですよねー。なんか、鬱蒼としたところを通っていかないとなかなか海にたどり着かなかった記憶があって、ナビとにらめっこしたかすかな記憶が…。で、確かに連れて行ってもらうと、海は広がっているんですが、やっぱ

入り口が分かりづらい!

ってことに気づきます。これはわざと?海に行かせたくないの?(汗)などと考えてしまいますがまあそこはそれ。何となく通れそうかな?と思って行ってみると、やっぱり海は広がっているものなのです。

さてここで海の写真を一気に放出。

d0133295_14472928.jpg

これはたぶん、川平湾の下に下りたところで撮った写真じゃないかな。
近くに行っても、青い海は青いんですな。

d0133295_1448672.jpg

これはたぶん違う海だったと思うんだけど…(汗)。ま、つながっているから海は海です(笑)。

そうそう、ふと思い出しましたが、あたし

人工物が嫌い

なんですよね。川平湾とかは、グラスボートとかがいっぱい浮かんでいて、ちょっとうーん、、って感じだったのですよ。ボートがなけりゃ、あの湾も大好きな海なんですが、人工物がある時点であたし的にはパス。まあ、絵的にはたぶん、ボートがあった方が、大きさが分かっていいんですけど。あたしが人工物を撮るのは、縮尺を計るため小さく写すか、シルエット的に撮るかくらいです。なので、人工物のないものを!とリクエストすると、ちゃんと連れてってくれました。

d0133295_1452561.jpg


あたし、石垣の海の中で、ここが一番のお気に入り。なんの人工物もなく、海は青いし、空もきれいだし、とってもとっても好きな場所でした。ちょっとはずれたところに、何かお参りしたような跡があってどっきりしましたが。沖縄って、空間に神様がいる、、みたいな信仰があるらしく、いろんなところにそうしたお参りする場所がありました。なんかね、そういうのも好き。

あたしは神様なんてこれっぽっちも信じていないんですが、「祈り」って好きです。神様に「なにかをして」って祈りではなくて「こうなりますように」と祈ること。「幸せに暮らせますように」「この自然がいつまでも残っていきますように」なんて感じで。もちろん、そうなるためにはそれ相応の努力をしなければならないことは重々承知。神様にだけ頼るのは嫌いです。

まあそんなこんなでまた違う海へと。
d0133295_1503686.jpg


とにかくともかく、どこもかしこもきれいな海です。奇跡の海だなあ…って感じ。普段見ている内海とは大違い。

もちろん、海だけ見ていようとしても、その間にいろんな動植物と合うことができました。

d0133295_1534579.jpg

リュウキュウアサギマダラが葉陰で休んでいたり

d0133295_1541830.jpg

カンムリワシはどこででも見かけたし

d0133295_1545040.jpg

ズグロミゾゴイの幼鳥がたたずんでいたり

d0133295_15101334.jpg

手のひらくらいあるでっかいヤドカリがいたり。ちなみにこの子も天然記念物。持ち帰っちゃいけませんぜ。

と、飽きることはありません。もうずーっといたい。ここに住みたい!って感じです(笑)。あーヤバイ。これを書いている間にも、すでにまた行きたくなってしまっています(汗)。あたし、やっぱ将来は石垣にでも住もうかなあ~。石垣じゃなくてもいいや。離島に住みたい。台風がいくら来ようが、何しようが、とにかく

島が好き

なんですよー。思えばあたし、旅に行くって言ったら、だいたい島を選んでいるような気がします。旅したって気になるのも島。まあ日本自体が島国だと言われればそうかもしれないんだけれど、もっと小さな、海が近い島に住みたいぃ~。将来の課題ですな(笑)。

夕暮れが近づいてきているころ、マングローブの林に連れていってもらいました。ここがまたお気に入りの場所。

d0133295_15113321.jpg


たくさんのマングローブが、水の中に根を張って生きていました。

d0133295_15143385.jpg


この葉っぱたちが、あたしたちが生きるための酸素を作り出してくれているんだなあ…と、何となく分かる気がしました。

そうこうしていると、小さい生き物も発見。

d0133295_15154064.jpg


ミナミなんとかっていう、小さな青いカニさんです。とっても臆病なカニさんで、近づくとすぐに穴の中に入ってしまいます(笑)。警戒しまくり。でもそれがまたまたかわいいのです。干潟にいる動物って言ったら、もともと佐賀県人なあたしからするとムツゴロウとかシオマネキとかは慣れ親しんだ動物ではありますが、やっぱりかわいいですね~。臆病でちっちゃいから。

このマングローブ林の近くに、小さなピンクの花も咲いていました。

d0133295_15182655.jpg


な、名前聞いたけど忘れました…(汗)。

そんなこんなで、夕暮れになって、公園に行ってちょっと休憩。SeaBeansさんの奥様手作りのチョコケーキとお茶をいただきました。

d0133295_1521235.jpg


美味♪

でした。お茶は撮ってないんですが、レモングラスとかせんじてあって、ケーキとすごくよく合う感じ。こういうちょっとした心配りのできる奥様って素敵ですねー。お会いすることはなかったんですが、どうもありがとうございました。ご馳走様でした。

それからしばし、夕暮れにも探鳥してやっと宿へ。なんか、長かったような短かったような。もっと撮ればよかったような、たくさん撮ったような…。とにかく楽しいガイドをしていただきました。どうもありがとうございました。

宿に帰ってしばし仮眠。これはいつものことですな(笑)。それから、この日予約した「まぐろ専門居酒屋ひとし」に向かいました。ここも宿からあっという間の場所。テクテク歩いてすぐ到着。

外観はこんな感じ。

d0133295_15263119.jpg


予約を入れていたのでカウンター席に着いて、それから注文注文。マグロ専門店っていうからには、やっぱマグロでしょう!ってことで、お造りを注文。

d0133295_15272557.jpg


うん、やっぱ「専門店」なんていうだけあってなかなかのものです。これは期待できます(笑)。
あ、ここでもジーマーミ豆腐の揚げだし食いました。あとちょっとつまみ程度に頼んで、飲んで、

そろそろシメかな…

ってところで注文したのがこれ。

d0133295_15292686.jpg


マグロの握り。大トロ、中トロが二貫ずつと、鉄火巻きがついて900円。安かったです。さらに一貫だけ

d0133295_15301436.jpg


石垣牛の握りも注文してみました。

どっちもウマウマです。幸せです。たくさん撮影できて、たくさん飲めて、たくさん食べて、幸せな夜。「もう明日は帰らないといけないんだなあ…」と悲しくなりながら、宿で眠りましたとさ。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-02-21 15:31 | 沖縄
さて、2泊3日の沖縄旅行も2日目。1日目にして結構遊んだので、すでに疲れてたりしますが(体力ねー・汗)、この日がメインなんですよね。前日、例によって夜眠れず、浅く眠ったのは明け方でしたので、目から血が出る思いで起きました(汗)。

しかし、前日の晩飯は午後8時ごろ食べたので、もう腹減って腹減って(笑)。昨日紹介しましたが、あたしが今回宿にしたホテルは、朝6時半から朝食取れるっていうのも良き点のひとつです。ちなみに飯はバイキング形式。和食洋食ありましたが、1日目は洋食にして、朝からパン食いまくりました。食事自体は特においしいということもまずいということもありません。一般的な「ホテルの朝食」って感じでしたが、いつも東横インとかに泊まっているのでそれに比べたらゴージャスです(笑)。

さてさて、この日の第一の目的は

カンムリワシ

という鳥さんです。これにさえ会えたら、あとはどうでもいい…ってくらいです。探鳥地がよく分からないので、現地のガイドさんをお願いして、案内してもらうことにしました。SeaBeansさんです。朝8時にホテルに迎えに来てもらい、「よろしくー」ってことで探鳥開始。

SeaBeansさんには、「カンムリワシさえ撮れれば八割は満足ですからー」と伝えてありましたので、まずはカンムリワシを探します。どうやらこれも結構プレッシャーを与えていたみたいで、すいませんでしたー(笑)。いいんですよ別に。もしもカンムリワシ見れなかったとしても、そんなに文句言いませんって。なんせ自然が相手の旅で、そんなに「絶対」なんてことはないことくらい知ってますからー。

で、とりあえずカンムリワシスポットに向かったのですが、

あっけなく遭遇

してしまいました(汗)。SeaBeansさんはものすごく優秀なガイドさんですねー。開始1時間くらいで、もう探鳥の目的を達成してしまいました(笑)。

幼鳥が飛んでいる姿も撮れたし

d0133295_11302055.jpg


木に止まっているいい雰囲気の写真も撮れました。

d0133295_11311122.jpg


写真を撮られてる方のガイドにもなれていらっしゃるみたいで、撮影にいいスポットもしっかり巡っていただきました。それがねー、結構この時期は見られるらしくって、電線に止まってるのとか遠いのとかもいろいろ見かけましたが、幼鳥成鳥とたくさん見れました。もうしばらくすると、森の中に入らなければ見られなくなるらしいのでラッキーです。もうほんと、本土で言う

トビくらいいっぱいいるじゃん

って感じでした。けど、実際の数はそんなにいないんですよ~。200くらいしかいないんじゃないかという説。特別天然記念物ですよ特別天然記念物!イリオモテヤマネコと同じ記念物ですよ!なのに、なんかものすごくいっぱい見かけることができて、希少感が薄い感じ。今の時期に人間の住むところ近くまでいるからでしょうね~。

ちなみに言うと、この島では、トビはいません。たまーにボロボロな姿になって飛んでくるらしいです(汗)。

まあそんなこんなで、いろいろと島めぐり。鳥に限らず、風景やら花やら昆虫やら動物やらまで手を伸ばします(笑)。そんな中、

あたしも撮ってよぉ~

と、リュウキュウヒヨドリがお立ち台に乗ってポーズをとってくれました。

d0133295_11502832.jpg


いつもならヒヨドリなんて撮りませんが、本土にいる子とはちょっと違うんですよねー。本土の子は全体が灰色なんですけど、ここのヒヨドリは茶色っぽいのです。でも、

恐怖のボサボサ頭

はどっちも変わりませんがね(笑)。

それからはリュウキュウアザミに止まるカラスアゲハとか

d0133295_11581265.jpg


日露戦争時代からある建物、、、何だっけこれ。電信台だっけ(汗)。…を見たり。

d0133295_126385.jpg


あとはきれいな海みたいなーってリクエストしたら、連れてってくれました。石垣でもっとも有名な場所。よく観光パンフとかにも載ってますが、

川平湾
d0133295_1272360.jpg


です。
あたし、人工物があると萎えてしまうので、グラスボートが嫌ーんな感じではありましたが、まあ観光写真程度なものは撮りました。グラスボートがあろうがなかろうが、この海のきれいさはどうよ?って感じです。めちゃめちゃきれいな色でした。この写真を撮った場所から歩いてすぐのところで軽めの昼食。あたし、朝ホテルでパンをどかすか食ったので、そんなに腹減ってなかったんですよね~(汗)。けど、まあ何か食わないといかんだろうってことで、

八重山そば・小


を注文。ここで特筆したいのは、「小」ですよ「小」!このあたしが「小」だなんて(笑)。でも、こないだ卵かけご飯の時に朝っぱらから2杯も食って夜まで何も食えなかったときの感じに似ています。そんなに腹は減ってなかったんですが、それなりにおいしくいただけました。タバコ吸ってちょっと休んで、ここからまた午後の旅に出発します。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-02-19 12:12 | 沖縄
さてコンドイビーチっていう海を目指そうとしたあたし。しかし、いろいろと邪魔するものがあるんですよ。竹富島はもう夏!って感じで、自転車で走れば走るほどに、蝶がいっぱいいることに気づきます。たくさん蝶が飛んでいればそこで立ち止まって撮影、あそこにも、ここにも…ってな具合で

ちっともビーチに到着しません(泣)。

ここではとりあえず一枚だけ。リュウキュウアサギマダラです。青くてとってもきれいなのです。こんな蝶がうじゃらうじゃらいたら、そりゃ撮影するっきゃないってもんでしょう。

d0133295_1395324.jpg


でも今回、マクロを持ってこなかったんですよねー。今回は鳥と風景で行こう!って思っていたので、望遠と魚眼しか持っていきませんでした。この蝶はちなみに、600ミリ換算の望遠で撮った蝶だったりします(笑)。

蝶たちに後ろ髪引かれながら、やっとビーチに到着。ホントにここがコンドイビーチだっていう証拠の品。

d0133295_1433110.jpg


ちなみに左に止めている自転車があたしが乗っていた自転車です。前かごにカメラ一式入れていると、止めるとき不安定で、自転車が倒れやしないかとヒヤヒヤだったりします。実は一度、倒れそうになって慌てて起こした…ってこともありましたが(汗)。

やっぱり荷物は置いてきたかったなあ

とか思っても後の祭りでしたが。

さてお待ちかねの海です。これです。

d0133295_1443655.jpg


どこまでも広がる水色!素敵すぎます。藻が浮かんでいるのも何かいい感じ~。浅瀬で、どこまでも長靴くらいで歩いていけそうな感じです。

青さを強調して撮ると

d0133295_1484419.jpg


こんな感じでしょうか。もうホント、すっかり夏って感じです。泳いでも別にかまわないくらいじゃないかなあ。でも、泳ぐっつってもこの時は干潮っぽくて、浅瀬なのでずいぶん遠くまで行かないと泳げない感じでしたがね。

フラフラしながら撮影をしていると、

猫発見!!

d0133295_1501086.jpg


猫ですよ猫。竹富には猫が多いと聞いていましたが、こんなところで遭遇するとはうれしい。暑いので、日陰でくつろいでいました。カメラもって近寄っても逃げないし。

そんなこんなで海を堪能。続いて

西桟橋

ってところに向かいました。ここはねー、夕日スポットとして有名らしく、夕方になると

西桟橋が沈む

ってくらい、観光客が来るそうです(汗)。普通のコンクリで造られた桟橋でしたが、ひび割れていて、このひび割れ加減がなかなかでした。

d0133295_1535729.jpg


さてそうこうしているうちに、もう船の時間が近づいてきます。最終の船に乗り遅れたら大変!ってことで、自転車屋までゴー。

でも途中、やっぱり撮りたいものがいっぱい現れてくれるんですよねー。お姉さんが水牛を散歩させていました。

d0133295_155294.jpg


ほのかに日が傾いて、いい色になってくれて、ちょっとご満悦。ああでも、急がなくちゃ!ってことでバタバタと向かいました。

自転車屋で自転車を返して、船乗り場まで送ってもらいました。しばらくすると、あたしが乗る船が近づいてきました。

d0133295_1563498.jpg


高速艇はいいんですが、船の外に出られないのがちょっと残念なんですよねー。あっという間に竹富を離れ、石垣に到着。離島桟橋は、夕方になっていました。

d0133295_1582515.jpg


そこからテクテクと歩いてホテルまで。ちょっと疲れていたあたしからすれば遠かったかも…。ああタクシーで来ればよかった…とかちょっとだけ後悔しましたが、タクシーで行くほどの距離でもなかったり。微妙な距離でした。

ホテルにチェックインして、ベッドに倒れこみました。ドサッと。ほんっと、疲れたんですよ。朝早くから起きて、沖縄の石垣まで来て、さらにいきなり島に渡るって結構しんどかったです。でも充実した1日を過ごして大満足。何よりも雨女であるあたしが行ったのに、ものすごく天気よかった沖縄の神様に感謝…とかしているうちにストンと眠りに落ちてしまいました(笑)。

しかーし、夜8時からはあたし、しっかり予約して晩御飯を食べる予定だったのですよ。なので7時半には目覚ましをかけて飛び起きました。1日目にチョイスしたのが森の賢者というお店。地図を片手にまたテクテクと歩き、店を探します。でもなんか、石垣のまちなかくらーい。観光客ってほどの人もいなくって、地図もって行ったのですが「こんな暗いところにホントに飲み屋があるのか?」「道間違ってないか?」とか思いながら歩いていくと、拍子抜けするほどあっけなく到着。これです。

d0133295_215624.jpg


外観はこんな感じ。

d0133295_235652.jpg


「予約した時ですけどー」と入ると、てっきりカウンターだと思っていたのに、カウンターには客がいっぱいで、窓際の2人掛けテーブルに案内してくれました。こぢんまりしたいい雰囲気のお店。「森の賢者」ってフクロウのことで、店内にはフクロウの置物とかがいっぱい。薄暗い中、音楽はジャズが流れていました。でも、もうあいている席はなかったです。これ以上お客さん入れないって感じになっていました。人気店だけあって、みんな予約してくるんでしょうねえ。席も少ないし、いきなりフラッと入るのは無理でしょう。

んで、あたしはオリオンビールっていう沖縄のビールと、

ジーマーミ豆腐の揚げだし
d0133295_26536.jpg


豚の島ねぎたっぷりかけ
d0133295_271399.jpg


島野菜のてんぷら
d0133295_273150.jpg


を食べました。これだけ食ったら腹いっぱいでした←当たり前(笑)。でも、あたし朝からろくなもん食ってなかったんですよね。たぶんこの日は、空港でサンドイッチ食っただけだったかも。でも、あたし旅に行くと、こんなことは結構あります。なんせ、撮影が主だから。だいたいあたし、旅に「食」はこだわらないのです。最悪コンビニ弁当でも可だし、そんなに食べなくても可。今回はたまたま、食べるとこもチョイスしていきましたが、いつもはこんなことはめったにしませんね。

で、森の賢者で何が一番おいしかったか。それは

ジーマーミ豆腐の揚げだし

に尽きます。こーれはもう、めっちゃおいしかった。ジーマーミ豆腐って、ピーナツの豆腐なんですよね。香ばしくてもっちりしてて。あ、豚も野菜天もなかなかイケましたよ。ただ、ジーマーミ豆腐は注文して最初にきたもので、ものすごく腹減っているときに最初にクチに入ったもの…ってのもあるんですが、熱々でものすごくおいしい。ここでこのおいしさを味わったばかりに、ジーマーミ豆腐にハマってしまい、2日目もジーマーミ豆腐食ったし、土産にもジーマーミ豆腐買って帰って家で揚げだし作ったし、ホントに

ジーマーミ豆腐の権化

と化しました。沖縄にいる間と帰ってきて数日は、あたしの中の三割くらいはジーマーミ豆腐でできていたと言っても過言ではありません。それくらいおいしかったのですよー。

まあそんなこんなで、ビールガンガン飲んで、結構な具合に酔っ払って、宿に帰りました。今回の宿はホテルグランティア石垣です。このホテル、すごくよかったので次に行くときも使おうとここにリンク残しておいています(またいくのかよ…ってツッコミはパスで)。何がよかったかというと、ホテルに大浴場があって、ゆったり風呂に入れるんですよねー。それと、繁華街(と呼べるほどではないですが)に近くて飲みに行くのに楽、さらに言うならば目の前はコンビニで、ある程度のものはすぐに買える…というところ。

んで、ホテルに帰ってから大浴場で汗を流し、次の日に備えて泥のように眠るのでした。2日目の、まだ見ぬカンムリワシに思いをはせて。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-02-18 02:23 | 沖縄
さーてさて。しっかり行ってきましたよ! 2泊3日沖縄の旅! だいたいそもそも、沖縄に行こうと思ったのは、1月末にもらった2月の勤務表に、予期せず3連休がついていたから。別に休み希望出したワケでも何でもなかったんだけれど、こういうときだけ「部長ありがとう♪」って感じでした。んで、こうなると当然ですが

どっか行かなきゃ

って気になってしまうのですよあたしは。なんかね、焦燥感にかられるっていうか、どっか行くことが義務みたいな感じになってしまうのです(笑)。そして、場所をいろいろ物色してチョイスしたのが

石垣島

だったんですねー。石垣は以前も行ったことあるけれど、前回は本島1日、石垣1日半って感じだったので、今回は石垣だけ行こうと。本島はもう、特に見たいものないしねーって感じで石垣ツアーに決定。

旅行会社に電話して「石垣のホテルと飛行機とってください」と連絡。その日のうちに決定してしまうというすばやさで決行しました。

当日まではウキウキワクワクだったんですが、決めたのが直前だったので、あっという間に当日がやってきました。いいのです。あたしがあまりにも楽しみにすると

雨が降る

ので、直前に行き先を決めるってのが一番いいかも。一度、北海道に行ったときは4日もいて4日間とも全部雨だったことが思い出されます(汗)。それだけはカンベンして~って感じでしたが、今回「楽しみにする時間」が短かったせいか、雨には降られずに、ものすごいいい天気で暑いくらいの旅行になりました。

さて当日。前日の夜勤から帰ってきて例によって

眠れない

夜を過ごして、明け方眠ったんだけれど、何とか朝起きることに成功。いそいそと支度をして、まだ寝ている旦那に「じゃ、行ってくるからー」と声をかけて出発。空港に着いてすぐ、腹が減ったので、空港のカフェでチョコクロとコーヒーでまったり。タバコ吸いに喫煙室に向かっていると、あれれ、知った顔が!

10年くらい前に、県南で仕事していた時の知り合いでした!きっぐうぅ~と思ったら、そのご夫婦も沖縄にちょうどあたしと同じ日程で行くっていうから二重に奇遇とびっくり。しばし懐かしい人のお話したりして、時間はあっというまに過ぎました。そして搭乗するとともに、あたしは

爆睡

だったのです(笑)。乗ったと思ったら、もう那覇に着いてました。朝知り合いとおしゃべりしていた時間よりもあっという間に那覇。いつの間に着いたのかって感じでした。那覇はやっぱり

暑い!

って感じです。まあたぶん、暑いの苦手なあたしは、これは予測の範囲内。下に半そで、上にセーターという服だったので、セーターを脱いでとっとと夏仕様にしてしまいました。

知り合いに「また明後日会いましょう!」と声をかけて、その場を去り、あたしは石垣に向かう搭乗口に向かいました。そして、その便に乗ったのはいいんですが、またしても

爆睡

だったのですよこれが(笑)。あたし、飛行機に乗ってた時間の記憶がまっっったく、ありません(汗)。

この日の予定はちなみに、石垣に到着するのが1時40分なので、そこからタクシーに乗って2時半の船に乗って竹富島に渡る予定だったのです。で、予定通りの時間に到着して、バタバタと飛行機を降りてタクシーに乗りました。すると、1時55分には乗り場まで着いてしまい

これは2時の船に間に合うっっ

ってことで、サクッとチケットを買って、バタバタと走って桟橋まで行きました。何とかセーフ!これで30分は島に長くいれる!と、結構ウキウキでした。ただでさえ暑いし、ホントは乗り場で荷物をロッカーに入れて、カメラと財布だけ持っていくつもりだったのに、そんな余裕なんてなくバタバタと乗り込んだので全荷物を抱えたまま。

重かったです(泣)。

でも、そんなこと言ってられません。30分の時間のほうがよっぽど貴重ですから。

高速船はあっという間に竹富島に到着。テンションあがります!一人ですが(笑)。

港に待っていたレンタルチャリ屋さんのバンに乗り込み、町のほうに行きました。チャリを借りていざ!

竹富探検出発!!

もうね、どこ歩いても絵になるんですよこれが~。幸せです。どこ撮っても絵になるっていうか。たとえばシーサー。

d0133295_47112.jpg


こんな子がうじゃうじゃいて。どこのシーサーでも撮りたくなってしまいます。どの子もかわいすぎです。萌え死ねます。

町の中は、珊瑚の殻で作った壁が取り巻いています。台風対策なんでしょうかねえ。防風林みたいなもんでしょうか。どこの家でも、こんな壁があってかわいいです。

d0133295_48320.jpg


生垣には、ハイビスカスの花がもう咲いていました。

d0133295_411514.jpg


雰囲気は夏って感じです。まあ実際の気温も夏って感じでしたが。暑かったですよー。

余談ですが、あたし、この日に

ツキイチ

が始まってしまい、もう死ぬかと思いました(泣)。腹は痛いし、ホントは動くのもしんどいのに、チャリで島めぐりですかー!って感じで。でもこればっかりはしょうがない。病気じゃないんだし、ひたすら頑張りますよあたしは。根性です。いつもはヘタレですが、こんなときは絶対に諦めません(笑)。

そんな中でしたが、とにかくもうひたすら歩いてチャリこいで、いろんなところでガスガス撮影。そうそう、見つけました。コマーシャルにもなった

竹富郵便局です。
d0133295_4151879.jpg


シーサーが乗ってて、かわいらしいったらありゃしない。ちょっと観光地っぽい感じはするんだけれど、なんだかとにかく、かわいい町でした。観光客くらいしか人は歩いていないし、観光客もオフシーズンで少ないし、思う存分、好きな写真を撮ることができました。

ハライタはピークでしたが(泣)。

さて、ひとしきり町の写真を撮って、シーサー撮って、次はどこに行こう…と、考えあぐねましたが、そりゃ、やっぱ、何と言っても



でしょう!沖縄っつったら青い海でしょ、青い空でしょ…と、何だか観光宣伝みたいな感じではありましたが、とりあえず名所となってる

コンドイビーチ

を目指しました。あたしねえ、でも、いつもどっかで「自由にしていいよ」といわれると、地図も見ずとりあえず自分の感覚で歩き回るので

現在地が分からない

という事態に陥るんですよ(汗)。このときもそうでした。「ここはどこ?あたしは誰?」状態です(泣)。さてあたしは、無事にビーチまでたどりつけるのでしょうか…。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-02-15 04:32 | 沖縄