旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:大分( 1 )

さてひとしきり日食も撮り終わって、飯も食って、落ち着いたあたし。と、途端に

眠気が…

いやそれもそうでしょ。30分しか寝てないんだからー!!しかし、せっかくの休みに、寝ているばかりももったいない。意地でも起きていようと誓ったあたしです。さてどこに行くかなーと思って逡巡していましたが、もともと行こうと思っていた大分に決定。ナビをセットして、いざ出発です。

何で大分かということをちょっと説明いたしましょう。大分に行ったのはひとえに、

居眠り磐音の故郷

を見たかったからなんですよー(笑)。あ、ドラマにもなってるから知ってらっしゃる方は多いと思いますが、豊後関前藩から出た磐音ってものすごーく剣が強くて、ものすごーくいい男が主人公の時代小説です。これにあたし今ハマっていて、30巻まで出ているのですが、最近10巻くらいを読んでいるところ。詳しくは本中毒。に書いていますのでそちらもあわせてどうぞ(笑)。

さて相変わらず単調な九州の高速道路を走り抜けます。サツがいないかとか、オービスがないかとか、そんなことを考えながら進みます。九州の高速って何か走りやすいかもー。道幅広くないかな。それとも、トンネルがないから、スカーッとしてみえるだけ?

まあ眠気と必死に戦いながら、ひたすら進み、やっと到着。あ、ちなみに居眠り磐音の「豊後関前藩」っちゅーのは実際にはないらしい。で、モデルになったのは佐伯市らしいんだけど、それとは別に、杵築市というところにも海沿いに城があるそうで、そこは雰囲気が似ているらしい。よしそこにするべと向かいました。

どこから城に行くのかさっぱり分からないんだけれど、まあ適当に進みます。途中にはネコがいたりして、癒やしてくれました。

d0133295_142548.jpg


さてぐんぐん城への道を進みます。そこには何か知らないけど、無造作に江戸時代の地蔵だの灯篭だのが並べてあったりします。

d0133295_14254475.jpg


よかよか。なかなか雰囲気よかやんねーと思いながら、進みます。しかし、ここ、日陰で割と涼しいのはいいんですが、薮蚊がめちゃくちゃ多い!!びっくりしました。写真撮ってて、ふと自分の足元を見たら足に五匹くらい蚊がたかってましたから(笑)。まあ、それもご愛嬌。あたし的には写真が撮れるものがあればそれでよいのです。ご満悦で城に。

d0133295_14261771.jpg


ちっちゃな城でした。まあ、たいした石数もないんだろうから仕方ないでしょう。あたし的には現代人が造った城はそんなに興味がないので、むしろ江戸時代のころの地蔵とかの方がすきだったので、城はパチリと記念に撮ったくらいです(笑)。

城から降りて、武家屋敷のある通りに進みます。なんかヘンな崩れた壁とかがあって、結構好き。

d0133295_14301675.jpg


天気もうす曇くらいになってて、暑い中ひたすら歩きました。やっぱり木の下は涼しげでした。

d0133295_14305828.jpg


疲れも眠気もピークでしたが、とりあえず任務終了。写真が撮れればそれで満足なのですよー(笑)。それから宿に向かいます。あ、この時点で大分駅前の東横インを予約しています。まあ平日だったので楽に泊まれました。

海沿いの下道をひたすら大分市を目指します。途中高崎山とかあって、「あー懐かしい。小さいころよく連れていけとせがんだなー」とか思いましたが、さすがに猿見に行くためだけに寄るのも面倒というかもう無理だったのでスルー。サファリもあって、「あーここも行ったなー。また行きたいなー」と思いながら通りました。

宿に着いて、部屋に入ったらもう、

倒れました

ベッドにいきなり、ドサッと。いやー、あの山口の40キロ渋滞がなかったらたいして疲れていなかったでしょうが、運転する時間が半端なかったので疲れました。目覚ましを夜の8時にセットして、泥のように眠りました。

8時に起きられるか不安だったんですが、ちゃんとしっかり目覚めて、お待ちかねの夕食タイム!そりゃもう、腹も減りますって。なんせおにぎり2個しか食わずに運転と撮影しかしてなかったんですから。予約しておいたのは、大分市内にある

d0133295_14363668.jpg


ちはるというお店。大分にいたグルメな友達に聞いておいたのですよ。「どっかうまい店教えろ」と。それがここでした。なんでもそいつは、大分にいたころには週1くらいで食いに行ってたくらいだったとか。

3000円でおまかせコースを頼みました。いやもう、出てくるもの出てくるもの

絶品

でしたよーー。めちゃくちゃおいしかった。やっぱり九州の魚っておいすぃー。それを食って生きてきた身にとっては、今住んでいるところの魚はイマイチなんですよねー。

当然おまかせには入っているだろうと期待していた

d0133295_14385329.jpg


関鯖も食いました。もちろん関鯵も出てきましたが、写真撮る間もなく食いました(笑)。ラストはウニとイクラでした。

d0133295_14393529.jpg


しこたま食って飲んで、幸せな気分でまたホテルに帰り着きましたとさ。うーん、またこの店行きたい!

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-07-27 14:40 | 大分