旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:MALAYSIA(Borneo)( 7 )

さてやっと、今日でボルネオ最終章です。まだ旅自体の写真は韓国が残ってはいるんですが、この日がボルネオ最終日なのでした。

さてさて。前夜具合が悪いと言いだした旦那。ボルネオ最終日の朝も、たいして調子はよくなさそうです(笑)。朝のトレッキングの時間になりましたが、「あんた寝といた方がいいんちゃうん?」と言っても

行く

と言い張ります。我慢しなきゃいいのにwwwwwwまあ、本人が行くと言っているのだからじゃあ行きますか…ってことで出発。この日の朝も、そんなに天気はよくなくて、曇りな感じでした。前日と同じように、ひたすら歩く歩く歩く…。曇っているのに

暑い

ですwwwwww この日はまず、川らへんに行くことになりました。もちろんNadilのご案内で。川っつってもボルネオのジャングルの川は、清流なんてもんじゃありません。どこを見渡しても

泥水

っぽいですwwwwww

d0133295_10361114.jpg


茶色で、緩やかな流れをボケーっと見ていました。そうこうしているうちに、鳥発見!

d0133295_10364061.jpg


色的には、ジョウビタキっぽい鳥でした。でもジョウビタキより雰囲気ちょっと大きいかなーってくらい。何か虫を盛んに探して食っていました。

そしてまた歩いて歩いて、ひたすら歩いて、滝に到着。

d0133295_1039163.jpg


もう、曇っているのにひたすら暑いんだけど、ここだけは、ものすごく涼しかったです。しかも、水も何となくきれいそうに見えるから不思議。しばらくあたしは、ここで滝の撮影。旦那はしんどそうですwwwwww

d0133295_10395343.jpg


スローでも切ってみました。いやしかし、暗いのはどこも暗いんですよね~。一脚持っていっといてよかったです。感度も上げましたが、相当暗いのでまいりました。

んで、帰りしなにはこんなきれいな鳥が!

d0133295_10415392.jpg


しかし、

かくれんぼ

してるかのようです。そりゃ緑の中に入られてしまえば見えないだろうなーって感じの。あーこのころには、何となく天気もよくなってきました。そそそ、そいやこんな子も見つけたんだっけ。

d0133295_10424173.jpg


ちっちゃい蛇。頭2センチくらいです。長さは伸ばしていないのでよく分かりませんが。舌をチョロチョロさせていたのがなかなかかわいかったです。

トレッキングの終わりになって、旦那はますます体調悪そうです。見た目にも

顔、青白くね?

って感じでwwwwwwNadilからも「彼は大丈夫なのか?」と聞かれる始末。んで、そそくさとロッジに戻って、迎えの車の来るまで待つことにいたしました。

結構時間があったので、あたしはロッジでちょっとくつろぐことに。ベランダでたばこ吸ってたら、いきなり、目の前の花に鳥が来るじゃないっすか!

d0133295_1047034.jpg


雲夢さんに教えてもらったところ、キバラタイヨウチョウという鳥だそうです。ちなみにこれ、マクロ撮影。だって望遠だと近すぎるんですものー!でも、

カシャカシャ

と言う音がすると去っていき、またじっとしているとそのうち花に来て、またカシャカシャと撮ると逃げる…ということを繰り返していましたwwwwww

あ、ちなみに旦那はひたすら寝てましたwwwwww

そうこうしているうちに、帰る時間に~。帰る車で旦那は助手席に乗せてもらってひたすら寝ていました。よっぽど具合悪かったんだろうね~。とりあえず空港に着いて、コタキナバルを目指します。夕方くらいにコタキナバルに着いて、夜中のソウル行きのフライトを待ちますが、ここであたし、ホテルを出発時間まで用意していてよかったなーと。だって旦那ときたら

ひたすら寝て

いましたから(汗)。ルームサービスでジュースとフルーツだけ頼んであげて、あたしは外に飯を食いに行くことにしました。そこらへんにあった、中華の

大衆食堂

に入ってみました。炒飯頼んで、ジュース一本頼んで、一人で黙々と食いました。中華だったので中国人が経営しているらしく、従業員も中国系で、いきなり中国語で話しかけられたのが痛かったですがwwwwww

ま、こんな感じのコタキナバル最後の晩餐です。

d0133295_10531210.jpg


やっぱ、外で食う飯は安い。これだけですが

200円

くらいでしょうかwwwwww

んで、ホテルに帰って、スーツケースの中身詰めて、あたしは風呂に入って、のんびりして過ごします。旦那はただ、ひたすら

寝て

いましたがwwwwww

迎えの時間が来て、ロビーで清算して終了。空港でチェックインして、飛び立ちました。しかし、お金を2万円分くらい両替しましたが、なーんにも使わなかったので、余りに余ってしまいました。これは、

また行かないといけない

ということだと思いますwwwwww

さて、次回は韓国編です~。
[PR]
by timetoki | 2009-12-03 10:56 | MALAYSIA(Borneo)
またまた期間があいてしまいました。ひとえに仕事が忙しいからなんですよー。やっと明日は休みです。明日は絶対また遊びに行きます(笑)。

さて3日目の午後のトレッキングを終えたところまで書いたかと思います。が、あたしすっかり、この写真を更新するのを忘れていました。一応、3日目の午後のトレッキングは途中から小雨が降ってまいりました。あたしらがロッジに帰る頃には結構な雨になっておりまして、

d0133295_04461.jpg


いたるところが泥の水たまりになってしまっていました。水につかっても大丈夫なんでしょうねえ、ここの植物たちは。でもこの雨があるから、生きていけるのですね。

ロッジに帰って、旦那はあんまり調子よくなさそうだったのですが、Nadilが「ヒゲイノシシがそこにいるよ」というので見に行くと、いましたいました。

d0133295_052210.jpg


ヒゲイノシシというよりは、



だよね~って感じの子が(笑)。しかしこの子、でっかいんです。ゆうに120キロくらいはありそうな感じ。写真をガスガス撮っていましたが、ふとこの子が近くに来ようとして、旦那と「うわうわうわ、来た来た来た」みたいな感じで逃げまどいながら撮影しました。

さて、それからロッジに帰ったのですが、前回も言ったように、旦那は具合悪いと言いだす始末でありました。まあそりゃ、風邪も引くでしょうよ。

d0133295_014588.jpg


こんなに汗かいてそのまま寝たら

ねえ?

んで、とりあえずは部屋でボーッとして過ごしました…というか、あたしも昼寝wwwwww この日の夜は、ナイトウォーキングになっていました。雨はやむのか、行けるのか…といろいろ思いましたが、6時半の待ち合わせ時間が近づくと、結構いい天気になっていました。

旦那はというと、まあ、ぎりぎりまで寝ていましたが、ナイトウォーキングに行くかと聞くと「行く」と答えます。なんかね、思うんですが旦那は、旅行に行くとカナリ無理をするタイプですなwwwwww ケチケチ根性が働いて、行かないと損だと思うような気がしますwwwwww

さて、ぼちぼちとナイトウォーキングに出発。しかし、はっきり言って、夜の森は

ものごっそ怖い

ですなwwwwwwなんせ、何も見えませんから。なーんにも。

Nadilの懐中電灯だけが頼りです。しかしそんな中でも、Nadilはいろいろと動物を見つけてくれます。鳥が寝てるよ、、と教えてくれたのですが、そこにいたのは

d0133295_021266.jpg


団子

でしたwwwwwwちなみにカワセミの一種の子もこんなふうにして眠っていました。

d0133295_022055.jpg


顔出してくれればよかったんだけど、まあこんなに至近距離でカワセミ見るのもいいなーって感じです。カワセミ、近くで見たらものすごく小さかった。いつも、レンズを通して見るので、大きさはイマイチ実感として分かりませんが、とても小さくてかわいらしい。

んで、どんどん森の中に進んで、フクロウやら昆虫やらいろいろと探してくれます。

木の陰には、でっかいカタツムリも。

d0133295_024587.jpg


これがホントに大きかったんですよねー。殻の直径10センチくらいはありました。

それから蛙にも遭遇。

d0133295_024535.jpg


目玉がかわいいです♪

そんなこんなで、ふらふらと歩きまわり、懐中電灯を当てて赤く光る眼を見つけては、「何かがいる」と思ってみたり、動物としての感覚を研ぎ澄ましてみれば、いつの間にか夜の森も怖くはなくなっていました。

小一時間のウォーキングを終えて、ロッジ近くに来ると、いきなりあの

ヒゲイノシシが目の前に。

しかも、どんどんこっちに近づいてくるじゃないっすかwwwwww 夕方見かけるのはかわいかったんですが、夜中にドーンと森に現れると怪獣っぽいです。

豚改め怪獣

になってしまいましたwwwwww旦那が「ついてきよるついてきよる」とビビりまくりますwwwwwwでも、Nadilは知っているみたいです。この子は人に危害を加えるような子ではないと。おまけにとんでもないことを言います。

「きっと、晩御飯になりたいんじゃない?」

とwwwwwwNadilの方が恐ろしい人だったのでしたwwwwww

ロッジに帰って、電球に集まる昆虫を撮ってみたり。カブトムシの女の子がふらふらしていました。

d0133295_030099.jpg


まあそんなこんなで、ナイトウォーキングも終了。旦那の具合もそこそこよさそうだったので、飯食って早々に寝ましたとさ。明日はもう、最後の日なんだなあ、この夜が最後の夜なんだなあ。帰りたくないなあ…などと思いながらも、サックリ寝入ってしまうのは、たぶん、ずっと歩きっぱなしで疲れたからでしょうね。いつもは午前4時とかにならないと眠れないのに。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-11-28 00:31 | MALAYSIA(Borneo)
さてうかうかしている間に、月日はどんどん過ぎてしまって、また次の旅に出ないといけないような状況になってしまいます。早いとこボルネオ旅行記仕上げなくっちゃ! 今度はどこに行こうかなー!

さて前回どこまで書いたっけかー。たぶん全行程5日の旅の3日目の昼までだったと思います。今日は3日目の午後の出来事をば。

昼から出かけたジャングルは、もう、それこそ

ホントにジャングルなんだねえ

という感じのジャングルでございました(笑)。明け方降った雨がまだしとしとしているし、それに日が当たって水分が蒸発していくときの、もやーっとした感じがもう、果てしなく暑いです。でも、Nadilの案内でガンガンめぐってみました。

トレイルを歩いていると、小さな動物たちにはいっぱい会います。トレイルのすぐそばの木に、ボーっとしているトカゲとか。

d0133295_0275331.jpg


この子は尾まで入れたら50センチくらいだったんじゃないかなー。なかなかかわいらしいし、ジャングルっぽい雰囲気を演出してくれるし、逃げない(ここ重要!)しで、とてもありがたい存在でした。たぶんだけれど、皮膚の色を周囲に合わせるカメレオン的なこともやってるんじゃないかなと思うんですが、

d0133295_0291456.jpg


どんだけ近寄っても逃げません。まるで

自分の変装は完璧だよーん


と、言ってるみたいですが、しっかり見つかっているオマヌな姿もまたかわいいです。まあトカゲを食う動物はそうそういないんでしょうからねー。

しかしこの、しっとりした森の中、いるんですよ。いるんですよ。



が。さて、この「奴」とはこの子。

d0133295_031265.jpg


じゃじゃーん。ヒルでございます。こんなふうに、葉っぱの上で待機していて、血を持つ動物が通った日にゃ、ピョーンと飛び移って血を吸いまくるという恐ろしい生き物。

…だと、あたしも思っていました(笑)。と、言うのもですね、このヒル、あたしガンガン刺されたんですが、

全然不快じゃなかった

んですよねー。ああこんなもんか、みたいな。あもちろん、わざわざ献血するほどのこともありませんでしたし、いるの気づいたら引っぺがしたりしましたが、そこまで言うほど不快なことはありませんでした。あ、また吸われちゃったよー、、程度。それよか暑さがひどくって、ヒルくらいどってことなかったって感じですがねー。

ずんずん森の中を進むと、なんだかとっても癒されます。

d0133295_0341342.jpg


熱帯雨林らしく、雫をたたえた葉っぱたちがとてもきれい。

d0133295_0344145.jpg


水を得て、光を浴びている葉っぱもかわいらしいです。

さてそうこうしているうちに、Nadilが「鳥がいるよ」って教えてくれます。南国らしい、とてもとてもきれいな鳥。あたしはボルネオ旅行でこの鳥が一番のお気に入りです。

d0133295_0371921.jpg


雲夢さんが教えてくれましたが、アカエリキヌバネドリという名の鳥でした。
しっかし、暗いんですよねー。ジャングルの中。感度バンバン上げて撮ります。一脚で撮ってるし。でも、結構近寄ってもそんなに逃げなかった印象。おかげで何とか撮ることができました。

そんなこんなで2時間あまり。帰りしなに

d0133295_0393827.jpg


羽まで赤い赤とんぼ

を撮って帰りました。南国ですねえ~。でももしかしたら、数年後には日本もこういう南国系の鳥や昆虫たちが出てくるようになってしまうかも。

午後のトレッキングが終わったのですが、余談。この午後のトレッキングであたし、いつもあたしが持って歩いているレンズ2本入れたリュック(1本はカメラにつけてるのでそれももちろん持ってます)を、旦那に持ってもらったんですよ。ハライタ祭はまだひどいし、旦那自体はそんなに持って行くものもなかったから。トレッキングの途中、旦那ってば、

こんな重いもんずっと持ってたのか!?

と、びっくりした様子(笑)。いやそりゃ、重いっすよ。10キロくらいはあるんじゃないかなあ全部で。あたしはおかげでこの回のウォーキングすごく楽ちんでした。旦那ってば、「肩にずっしりくる」だのぶつくさ言ってます。持った直後はそうでもないんですが、歩いていると確かに肩にずっしりくる重さなんですよねー。

まあ、そんなこんなで午後のトレッキングを終えて、次はナイトウォークまで一休みです。ところがところが。悲劇はあたしではなくて

旦那

を襲っていたのでした。なぜなら、旦那ってばここで、


具合悪い…


とか言い出しやがりました(汗)。どうも、汗だくになったTシャツをそのまま着て昼寝したせいで、風邪引いたんじゃないかという感じ。おまけに午後のトレッキングではあたしのリュック持ったのでだるかったらしく(笑)。

とりあえず旦那を寝かせて、持ってきたバファリン飲ませて様子を見ることにしましたとさ。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-11-22 00:47 | MALAYSIA(Borneo)
なんだかダナンバレー初日にして、ハライタ祭でぐったりしているあたし。その夜は早々に眠ってしまいました。もう腹が痛くてどーにもこーにも。飯もろくに食いたくないし、だるいしで

もう二度とハライタ祭の時にハードな旅なんてしない

と心に誓うあたしです(笑)。でも、おかげで2日目の朝は早起きできましたが。あんなに早く寝たのはここ数ヵ月ないかも…ってくらい早く寝ました。なんせテレビもない、ネットもない、ゲームもない(DSを持っていこうかいくまいか最後まで悩んで充電ができなさそうだったので持っていかなかったあたしですwww)生活。もしも、ネットも車もテレビもクーラーもあって、でも動物が何ひとついないところか、暑くてテレビもネットもクーラーもなくて、でも動物がいっぱいいるところか、どちらに住みたいかと聞かれたら、あたしは迷わず後者を選びますがね。

ところでこの朝、早く起きられたのにはもうひとつわけが。なんと、まだ暗いうちから

土砂降り

なんですよねーwwwあたしも旦那も、そのものすごい雨の音で目が覚めてしまいました。朝5時くらいだったかなあ。さすが

熱帯雨林

とはよく言ったものです。しかし、朝のトレッキングは午前6時半からなんですが、「これやむのかね…」と少々不安。5時に目覚めてシャワー浴びて、準備をしました。そうこうしているうちに、まあ、何となく雨も小雨になったねえ~ってくらいに、時間になりました。

Nadilと落ち合って、いざ出発。でも、まだ暗いです。雲があるのもですが、森の中はすこぶる暗い。「こりゃー写真撮りにくいなー」とか思いながら歩いているときに限って、鳥発見!

d0133295_9424457.jpg


ものごっそ暗いので、感度をめちゃくちゃ上げて撮りましたwww でも、この鳥実は、この後ロッジのあたしの部屋のベランダのそばに咲いていた花の蜜をよく吸いに来るので、マクロでいくらでも撮れたんですけどねwww まあ、森の中での写真ってことで。[追記]キバラタイヨウチョウという名前だそうです。

森は雨を吸って、ものすごく緑がきれいでした。

d0133295_944369.jpg


この日のトレッキングは「キャノピーウォーク」というつり橋を渡るもの。と、橋の手前で猿に遭遇。前日と一緒のクリイロリーフモンキーでしたが、今度の方が近くてよく見えました。

d0133295_9452597.jpg


それでも、森の中は暗くて、ちょっと望遠には向かない感じ~。天気がねえ~天気がね~とか思いながらもガスガス撮影。旦那も間近で日本にはいない猿見てご満悦です。

しかし、思うんですが、あたしね、こうして動物探しにいろんなところに行くじゃないですか。ものすご珍しい鳥とか蝶とか動物とかにいろいろ会うわけですよ。日本には到底いないような。それってある意味、すごいことじゃないっすか。それに連れていく旦那も必然的にそういう動物たちを見ているわけでして、少しは

ありがたく思え

と思うのはあたしだけ?www たぶん、日本の国内の中でもそうそうこんな動物を見た人っていないと思うんですよー。そんだけ貴重な体験してるのに、何で動物とか鳥とかにそんなに興味を持たないかと不思議でなりませんwww ま、人それぞれだからいいんですがねー。

まあ、そんなこんなで朝のトレッキングは終了。あ、もちろんこのほかにも、くらーいところに隠れていた赤い鳥とかいろいろ見ましたがとてもここにアップできそうな出来ではないので割愛wwwとりあえずロッジに帰って朝ごはんです。

あたしはもう、ハライタ祭がこの頃ピークでして、ちっとも食欲ありません。ただでさえ暑いし、しんどいし、腹痛いしで具合最悪。貧血でぶっ倒れるかと思いました(泣)。けど旦那につきあってとりあえず朝飯だけは食って、そそくさと部屋に戻ってベッドにどたーっと倒れます。次のトレッキングは午前10時。それまで

体力温存する

と旦那に言い残してとっとと寝ましたwww眠るの気持ちいいー。この後旦那が風邪引いて寝込んだりもしたんですが、やっぱ動物って、体調が悪いときは

寝て治す

んだろうなと実感。ただひたすらに眠くて、体を休めていると、なんだかジャングルの動物になった感じがしましたwww

しかし容赦なく、次のトレッキングの時間は迫ってくるわけでして、なんか苦行してるみたいでしたwww 休めばいいじゃないかって? せっかく旅に出ているのに、休むわけないじゃないっすかwww

さてさて、この頃になると、天気もぼちぼちと回復。

d0133295_1010468.jpg


頑張って歩くかーって気になります。なんせ写真撮りやすいですからwww午前のトレッキングのメインはやっぱ、この子でしょう。

d0133295_10112850.jpg


オランウータン!

しかし、結局今回の旅行では、この1回しかお目にかかれず。この子も結構な距離があって、葉っぱ食ってその後ささっと隠れてしまいましたから、ろくな写真が撮れず(泣)。でもいいんです。野性のオランウータンが、ちゃんとそこにいて、ちゃんと生きている森だということを確認できただけでも。ま、次回行くとすれば、とりあえずオランウータンをおさえるためにリハビリセンターとか行くと思いますがwww

同じ時間にトレッキングに出かけた人たちも当然、この1回こっきりです。Nadilとは違うガイドがまず発見して、みんなしてそこに集結。もうこの頃には結構な足の筋肉痛だったのに、無線で連絡を受けたNadilが山ん中でいきなり

オランウータンいたよ。急いで急いで

と、せかすので参りましたwww

まあそんなこんなで、午前のトレッキングも終了し、またロッジに戻って昼食なのですが、あたしはもう

飯要らない。寝る

と旦那に断って午後のトレッキングまでひたすら寝ていましたとさ。食いしん坊のあたしが、飯が要らないなんて!って感じですが、それくらい体調悪かったのでしょうがないですwww でも、それでも、ロッジに帰ったときに、ロッジに咲いている花に来ていたきれいな蝶を撮ったり

d0133295_10184927.jpg

[追記]アカエリトリバネアゲハ


ロッジの芝生に来ていた地味鳥撮ったり

d0133295_10191471.jpg

[追記]シマキンパラ

と、根性で撮影だけはしましたがwww

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-11-16 10:19 | MALAYSIA(Borneo)
ハライタ祭真っ盛りの中、いよいよジャングルトレッキングでございます。あたしと旦那のガイドさんはNadilさん。ドライバーさんよりずーっと英語は聞き取りやすかったですwww まあ、ロッジでガイドやってて、たくさんの外国人と話しているからなんでしょうねえ~。

ロビーで準備していると、アメリカ人夫婦が前に来て、同じように準備しています。すると、カメラを取り出したのですが、

全くあたしと同じ装備

で笑えました。カメラも同じ、レンズも同じ。わ、同じカメラですねー、どっから来たんですかー、よく旅するんですかーとかいわゆる世間話などをして準備していましたww このご夫婦、2人ともカメラ好きで、奥さんの方はマクロ系、旦那さんの方は望遠系を持っていろいろ撮ってらっしゃいました。うちはちなみに、写真を撮るのはあたしだけですwww 旦那にも、一応コンデジは持たせていましたが、この旅行中一度もシャッター切ってないんじゃなかろうかwww

んで、準備も整ったところで、とりあえずロッジを出発して動物を探します。しかし、ボルネオ、午後になると雨がよく降るらしく、天気悪いです。ジャングルはしかも暗いし、

写真撮りにくいことこのうえない

かもしれませんwww とかなんとか思いながら歩いていると、いきなり

d0133295_11483537.jpg


サル発見! オランウータンかと思ったらそうではなくて、クリイロリーフモンキーという種類でした。でもかわゆす♪

トレッキングは、だいたいみんな同じような時間に出発するのですが、ガイドさんたちがトランシーバーで連絡し合って、「こっちにサルいるよ」「こっちに鹿出たよ」などと報告して、動物見に来た人をそっちに誘導するって感じになっております。

Nadilさんはいろいろと動物を探して歩いてくれます。でも、意外と遠いんですよねえ~。まあ広大なジャングルの中に、人間が通れるくらいのトレイルが敷かれているんですが、それ以外の方が圧倒的に大きいわけで、トレイルのそば以外のところに動物がいられたらどうしようもないっつーワケですな。

でも、ジャングルの中をひたすら動物を求めて歩くのは爽快です。緑に囲まれて、汗だくになって、それでも歩く歩く歩く…。ひたすら歩きます。はっきり言って

しんどい

ですwww でも、それもまた気持ちいいって感じで。鳥や動物、昆虫たちはいっぱいいました。

d0133295_1234249.jpg


いきなり鹿発見。スイロクという種類です。Nadilがスイロクスイロク言うので何のことかと思ったら鹿www 鹿と言ってくれよーwww

と、言ってる間に、日は沈みかけて、どんどん暗くなっていきます。帰ろうとしたときに、そろそろ休み体勢に入ってる鳥も撮影。

d0133295_1273687.jpg


しかし、あたしうっかり、鳥図鑑を買うのを忘れてたんですよねー。なので相変わらず、鳥の名前が分からないという事態に陥ってしまっています(泣)。ロッジに掲げてあった

d0133295_1282121.jpg


は撮ったので、これで探してみましたがいないしwww

この日は、「ん、まあこんな感じかなー」って感じでトレッキング終了。旦那もまだまだ元気で、明日はオランウータン見るぞーと気合入れていました。

しかし、この後が大変。ロッジに帰って来ると

土砂降り

になりましたwww バケツをひっくりかえしたようなとは、まさにこのことってくらいの土砂降り。実はこの日、夜はナイトドライブが待っていて、夜に車でジャングルに向かうっていうイベントなのですが、そのときまで雨、やまずwww さすがあたしの雨女パワーはすごいです。

ナイトドライブは、一緒に来た人たち(オーランドのアメリカ人とか)とも一緒に、でっかいトラックの荷台に乗ってでかけるのですが、みんな、限られた時間で来ているので、「行かない」とは誰も言いませんwww かくして雨の中、ナイトドライブにでかけるのでしたwww

土砂降りで雨滴るし、暑くて合羽の中は蒸れて汗かくし、変な虫はいっぱい光に集まってくるしで大変なことになりましたがwww、それでも遠くの木に、ムササビが止まっていたり、フクロウが木に止まっていたりして、楽しいドライブです。でも、夜のジャングルは怖い~! もうね、車やガイドの照らす懐中電灯がなければ真っ暗闇です。何の光もありませんから。

小1時間ナイトドライブを楽しんで、帰ってきて飯を食って、ハライタ祭のあたしはぼろ雑巾のようになって眠りましたとさ。しかし次の日の朝も、早朝からトレッキングなのですよーwww

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-11-14 12:19 | MALAYSIA(Borneo)
さて仁川空港を飛び立ち、5時間。その間、あたし、ずーーーーーーーーーーーーーーーーっと、

眠りこけていました。

この旅、なぜだかよく分からないけれど、死ぬほど寝ました。なんでだろうなあ~。疲れていたってのもあるのだけれど、眠るのがものすごく気持ちよかった。なので5時間なんてあっという間。ボルネオの玄関ともいえるコタキナバルという町に到着しました。それにしても

暑い!!

暑がりのあたしからすれば、ムーンとするのは大嫌いなんです。インドでも暑い暑い言ってたけど、ここでもか…と、少々うんざり(笑)。けどまあ、しょうがないですよねえ。常夏の国なんですから。

もうすっかり夜。到着は午後10時半くらいでしたかねえ~。預けていた荷物を取って、出口に向かうと、しっかり旅行会社の人のお迎えが来てくれていました。あたしと旦那のほかに、女2人の旅行客が二組。つまり旦那は5人の女に囲まれるという

ハーレム

状態でホテルまで(笑)。一組の方は友達同士で遊びに来た人、もう一組はスナックのママさんと従業員って感じの2人でした←余計なお世話。

ホテルに着いて、チェックインして、両替して、そのままgo to bed。あんだけ飛行機で寝たってのに、どうしてこんなに眠れるのかってくらい寝ます。朝は早くて、午前6時半に旅行会社のスタッフが迎えに来るのですよー。でも、たくさん眠ったおかげで、オーストラリアのエアーズロックのようなハメにはなりませんでした。エアーズロックでは、すっかり寝過ごして、すっかりツアーにおいていかれましたから(笑)。

朝食はホテルで取りました。こんな感じ。

d0133295_13213464.jpg


ミーゴレンとハッシュドポテトとご飯って感じでした。あとフルーツとサラダくらいを食べて、いざ出発。昨日の2組の日本人女子グループとも一緒に出発です。スナックのママさんと従業員風の2人、ものすご軽装です。ミニスカとかはいてます。あたしてっきり、同じところに行くのかなーとか思ってたんですが、その軽装見て

まさかあの格好でジャングルとか行かないよね…

と、ちょっと心配になりましたが大丈夫でした(笑)。この2組とは、空港でさようならでした。どこに行ったのかなー。たぶんショッピングとかマリンスポーツとかしに行ったんだろうなーと推測。まあそれがボルネオ初心者の旅行だろうなあ~。

さてさて。空港に到着して、あたしたちはダナンバレー行きの飛行機にチェックインした後、ちょっと空港の外に出てみました。世界遺産になってるキナバル山が遠くに見えて、とてもいい天気でした。

d0133295_13254996.jpg


そいや韓国からの飛行機に乗ったとき、いかにも「登山に行く」という格好をした人がいっぱいいましたが、たぶんここに登るんでしょうね~。とか何とか言いながらようやくまともな写真を撮ってみたり。思えばここまで1日、全くといっていいほど写真撮ってなかったですから。空港内とか、飯とかしか(笑)。

そこからプロペラ機で約1時間のフライト。あっという間にラハダトゥという町に到着しました。そこで、旅行会社に立ち寄って、いざダナンバレーを目指します。と、その前にちょっと時間があったので、ラハダトゥの町を歩いてみました。

d0133295_1328327.jpg


なんか、フツーの町です。というか、マレーシア、交通ルールをちゃんとみんな守っているところが素晴らしい。道は舗装されていて、ちゃんとラインがあるし、なんかつい、インドと比べるとどこも平和な感じがします(笑)。インドはもう、車はカオス状態でしたから(笑)。

ちっちゃな子どもがフラフラと歩いていても全然大丈夫っぽい感じ。

d0133295_13303659.jpg


街中には、いたるところにオープンカフェみたいなところがあって、椰子の実とか売ってました。食うのかね。

d0133295_1331183.jpg


まあ、オープンカフェと言えば聞こえはいいですが、要するに大衆食堂、って感じかな(笑)。ものごっそ安いです。まあ、飯はホテルで食っていたので、特に食いたいともこの時は思わなかったんですがね。

しかし街中、

暑い(またかよ)

のですよとにかく。ちょっと行っては旅行会社に涼みに出かけ、水を飲み、それからまた外に出る…みたいなことをしているうちに、ダナンバレーへの出発時間になりました。ここから約2時間半。車で行きます。

車、めちゃめちゃ涼しくて気持ちよくて、またしてもすっかり眠ってしまうあたしと旦那。ドライバーが気さくなのはいいんだけど、この人の英語がとっても聞きづらくて参りましたwww な、何言ってんの!?って感じで。でもまあ、とてもいい人で、途中、「マレーシアのフルーツでも試してみない?」と聞かれたので路上にある店に寄ってみました。

d0133295_1336513.jpg


な、なんか知らないけどもすごいフルーツがいっぱいでした。ちなみにドリアンも試してみないかといわれたんですが、さすがにパス。マズイのはわざわざ食いたくないですwww ここのフルーツ店の人も、なかなか気さくな人で、どんな味がするのかなーと見ていると、1個むいで食わせてくれたり。どれもなかなかおいしかったです。さすがに悪いと思ったので、まあロッジに着いたら食おうと思ってミカン(オレンジじゃなくてミカンでしたwww)とか、この手前の赤い奴とか白いジャガイモみたいな奴とか2個ずつ買っていきました。ホントはキロとかで売ってたみたいですがねー。

さて、フルーツの店を過ぎると、いよいよジャングルっぽいところに突入です。もう、舗装もされてない道をぐんぐん進みます。送ってくれた車が、えらくいい車の四駆だなーと思ってたのにはワケがあって、そりゃこんな道は四駆じゃなきゃ行けないよなーって感じの道でした。ガコンガコン揺れます。が、それでも根性であたしは

眠りこけていました。

何であんなに眠かったんだろうなー。とっても不思議。さてこのジャングル、どんなジャングルだったかってーと、

d0133295_13413497.jpg


こんなジャングルでした。も、木しか見えないっつーの!!

ガコンガコンした道をぐんぐん進んで、やっとやっとロッジに到着。あたしはちょうどこの時、ツキイチのハライタ祭が始まってしまって、腹痛えよー、、、とか思いながらいきなりトイレに駆け込みましたwww

さてロッジですが、こんなところでした。ボルネオ・レインフォレスト・ロッジです。

d0133295_1343882.jpg


もうまさに、ジャングルの中に唯一建てられたって感じのロッジ。ジャングルとこのロッジのほかは何にもありません(笑)。ステキすぎます。ちなみに、この左側の建物があたしらが泊まったロッジ。

飯の時間にはこういうランチルームみたいなところで、外を眺めながら食うのでした。

d0133295_13443093.jpg


ものすごい自然に囲まれた場所で、ウキウキです。でも、でも、ハライタ祭が大開催中のあたしは、もうヨロヨロしながらベッドに倒れこみました。しかもロッジはクーラーないし~。暑いし腹痛いしで死ぬかと思いました。こんな時に、容赦なく、午後のトレッキングが待っていたのでした(泣)。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-11-12 13:46 | MALAYSIA(Borneo)
さて。ワタクシ明後日からボルネオに旅行に行ってまいります。今回はスコープなどは持っていかず、狩猟民族に戻った感じで本能の赴くままに写真を撮るのですよー。

さて今日は旅の準備編。今回ワタクシが唯一準備したのが

d0133295_22544162.jpg


これでございます。一脚。さすがにジャングル内は暗かろう…ってことで、用意してみました。三脚持ってはうろうろしにくいし重いし、機動力ないし三重苦。一脚ならばその全部をクリアしてくれます。ま、三脚に比べるときちんとは止まらないという難点はあるものの、手持ちよりはマシやろう…って感じでございます。

うちの旦那ときたら、この一脚を見せたら、そもそも一脚というものの存在を知らなかったらしく、

杖?

とかヌカしやがりましたが(笑)。

ま、そんなこんなで、旅を楽しんできたいと思います。帰ってからの旅行記をお楽しみに~♪ では行ってきまーす♪
[PR]
by timetoki | 2009-11-04 22:57 | MALAYSIA(Borneo)