旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:島根( 13 )

冬鳥散策(その2)。

さてさて。明けましておめでとうございます。なーんか、いつの間にか年が明けてしまったって感じですよー。年末は31日まで仕事だったし、2日からは遊びに出かけたしでなんとなくあっという間に年末年始は終わってしまいました。皆様は良いお年を迎えられたことと思いますがいかがだったでしょうか。

さてこないだ、書きっぱなしになってた「冬鳥散策」の続きです~。

オシドリスポットから離れたあたしは、白鳥スポットに向かいました。もうその時間は白鳥は水張ってあるところから飛び立ってしまって、田んぼのど真ん中で餌を食べている時間です。まあ、飛ぶのでも撮れればいいかーと思って向かいました。

今年も白鳥たちはいっぱい。天気はイマイチながらも、いっぱいいっぱい飛んでくれて幸せな時間を過ごしました。

d0133295_22261264.jpg


でもそのうち、雨が降ったり晴れたり。白鳥スポットではこんな光景も見ることができて幸せです。

d0133295_22264897.jpg


そしていい加減眠くなったので、宿に行くことに。しかしここでショックなことが…。常宿にしているホテルのそばに、おいしいお魚を食べさせてくれる店があったんですが、それがなんとなくなって、普通の居酒屋になってしまっていました(泣)。

しょうがないので、そのへんの店にフラッと入ってみました。一人でビール飲みながら

d0133295_22313181.jpg


だし巻き卵と

d0133295_2232088.jpg


アナゴ天と

d0133295_22321912.jpg


イカの刺身など食ってみました。けど、以前の魚のおいしい店で食べたものよりは落ちるかな~。あああの店、どこに行ってしまったんでしょう。つぶれたのではなくて移転したのだったらそこに行くのに…。

てな感じで一日を終えて、次の日の朝からまた撮影撮影。

朝日の中で飛ぶ白鳥とか

d0133295_22333459.jpg


青空の中を飛び去る子とか

d0133295_22335666.jpg


流し撮りとか

d0133295_22341378.jpg


して終了。楽しかったです。そいやこの日、クリスマスイブだったのでしたー。なので、山陰からはおいしいお寿司、以前住んでいたところに立ち寄っておいしい豚肉と、おいしいケーキと、おいしい鶏肉を仕入れて帰りました。

d0133295_22363389.jpg


そして夜は旦那とクリスマス~。うちにはちなみに、サンタさんはきませんでしたよー。80諭吉のレンズ持って、サンタさんが来てくれると思ったのになーwwwwww
[PR]
by timetoki | 2010-01-04 22:37 | 島根
さてさて前回の続きでもレッドクリフ見ながら書いているあたしです。今日は休みなんだけれど、天気が悪すぎ。なので、撮影にも行かずにボケラーっと、こないだ録画していたレッドクリフパートⅠ見て過ごしている昼下がりです。あ、全然話は違いますが、レッドクリフⅠの冒頭、皇帝がキレンジャクを手乗りにしているんだけど、キレンジャクってそんなに慣れるもの?とか別の視点で思ったりして(笑)。

日御碕へやってきたのはいいんですが、1日中そこにいて、ひたすらひたすら撮影していると、いつの間にか夕暮れになってしまっていました(笑)。今日もそうだけれど、休みの日の1日ってどうしてこんなに早く終わるんでしょうねえ~。

この日は抜けるような青空だったので、さぞいい夕日が出るだろうと期待して海の見える場所に行きました。オレンジ色のきれいな夕日。

d0133295_1754191.jpg


もしかしてダルマ見えるかも!?と、ちょっとだけ期待しましたが、そこはあたしの運の悪さを象徴しているかのように、雲の中に沈んでいきましたが、いい色だったのはいい色でした。

d0133295_1762764.jpg


ここでもう、カメラの電池がなくなるくらい撮りました。そりゃそうだ。1日中シャッター切ってたら、さすがに電池もなくなるってもんです。そしてやっと、気づいたのです。

腹が減った…

ということに(笑)。
まあ9時ごろ着いて、その後ずーっと飯食う場所もない日御碕にいたので、そりゃ腹も減るってもんですよ~。それから日御碕を暗くなってきたころにさようならして、出雲のホテルに向かいました。

ホテルはおなじみ、東横インです(笑)。クラブメンバーにもなっているので、いつもこういうホテルを利用するのです。そこから、歩いていける場所の居酒屋を探していきました。今回行った場所は

d0133295_17123598.jpg


こういうお店でした。中に入ると、だ、誰もいない(汗)。開いてるのか?と、ちょっと焦りましたが、店員さんがいて大丈夫とのこと。まあ地方都市なので、こんなもんかもしれませんねー。

もうとにかく腹が減っていたので、生ビールと

d0133295_17135365.jpg


牛肉のたたきとか

d0133295_171487.jpg


鳥酢とか頼んでガツガツ食いました。もうそれこそガツガツ(笑)。

その日は、お客さんが少なかったので、あたしよりひとつ上というマスターのお兄さんとずーっと喋ってました。特に話に共通点があるワケでもなかったけれど、それなりに楽しく過ごせました。

食べ物自体は「普通?」というか、まあめちゃめちゃおいしいってこともなかったですが、それなりにおいしかったですよ。でも実は、お兄さんに聞くとその店はイタリアンの店だそうです。なのに、あたしはイタリアンメニューなんてちっとも食ってなかったので、次回に期待(笑)。

しかしいけませんねー。誰かと喋りながら飲むと、酒が進む進む。ビールガンガンおかわりして、お兄さんに一杯おごってもらって(いちげんさんなのに・汗)飲んだ暮れました。そのうち、お客さんもそれなりに入って、あたしももう、へべれけになったところでホテルに帰って泥のように眠りました(笑)。

出雲なんですがねー、なんか、飲食店は結構あったなあ~って感じ。客の数より店の数が多いかもしれないってくらい。「ああこの店でもよかったなー」「この店もよさげだなー」みたいな店が。でもお兄さんによると、やっぱりそこは地方都市だけあって、寂れた印象はあるんですがね。

さてアーサー。

この日もいい天気です。でも前日飲みすぎて、早朝からは出かけませんでした。ゆっくり、のんびりで、東横インの朝ご飯をたらふく食います。なんせタダですからー(笑)。東横インから出て、出雲駅前でパチリ。

d0133295_17241630.jpg


さーって、今日は帰らないといけないなー。めんどくさいなー。だるいなー…とか思いつつ、また日御碕でひと撮りしようと向かいました(笑)。

天気もよかったので、またウミネコ撮ったりしていたんですが、きれいな声であたしを呼ぶ子がいます。

d0133295_17313667.jpg


イソヒヨ

でした。海より青い体をして、あたしのカメラの前でチョロチョロ飛び回ってくれました。おかげでこの日はヒソヒヨデーって感じ(笑)。

そんなこんなで昼近くになったので、出雲を去ることに。長いこと運転して、また1000円で我が家にたどりつきましたとさ。

おしまい。
[PR]
by timetoki | 2009-04-25 17:33 | 島根
さて何か、ブログを書く気力がなぜか突然萎えてしまって、しばらく放置しておりました。スミマセヌ。こないだ桜アップしたのも、特に記事を書くワケでもなく写真だけって感じだったし。写真は撮っているんですよ。ほぼほとんどの場合、休みの日は写真撮りに行っています。

さて今日は、こないだ行った旅のお話。今月から高速1000円乗り放題っちゅー、素晴らしい制度になりました。が、あたしは平日休みが多くて、ろくにこの制度を使えません。でも、今月唯一土日が休みになった日がありました。しかも、天気はすこぶるいい。となると、

これはどこかに行かねば

という半ば強迫観念にとらわれてしまうあたしです(汗)。さてどこに行こうかなーといろいろ物色しましたが、とりあえずウミネコにでも会いに行くかーってことで行くことにしました。日御碕。出雲からちょっと行ったところにある岬です。ここにある小さな島・経島ってところはウミネコの繁殖地として有名なんですよね。とりあえず、土曜日の午前6時くらいに出発して、日本海を目指しました。

高速もしかして混んでるのかなーと思っていたんですが、まあ平日に比べれば多少は込んでたものの、たいした混み方ではありません。流れないってこともないし、それなりにサクサク進みます。天気もいいし、めっちゃドライブ日和だし、順調に飛ばすんですが、ここでスピード違反でも捕まろうものならせっかくの高速1000円乗り放題も

元も子もない

ので、慎重に飛ばします(笑)。サツっぽい車がいたらちょっとスピード落としてみたりとか、オービスのところはスピード落としてみたりとか。いやいや、そんなあたしはスピード違反なんてしてませんぜ(笑)。

んでまあ、はやる気持ちを抑えながら、途中サービスエリアに寄って一服したり、ちょっと朝ごはん食べたりして進んで結局9時くらいには着いたかなー。雨女のあたしがこんないい天気に恵まれるのも珍しいってくらい天気がよくて、暖かくて、気持ちよかったです。さらに、米子で高速降りたんですが、米子のゲートが開くときに「1000円」と表示されたのにはカンドー。

それからまたしばらく運転して、出雲大社とかを通ってやっと日御碕です。駐車場に着くと、もう聞こえてきますよ。

ニャーニャー

って声が。いや猫じゃないです。ウミネコですから。もううるさいくらい飛んでます。別にウミネコくらい、どこにでもいるし、わざわざ撮りに来るほど珍しい鳥でもないんですが、何と言ってもここには

うじゃうじゃ

d0133295_363666.jpg


いるのですよ(笑)。飛ぶわ鳴くわもう、いったい何羽いるんだろう…ってくらいいっぱい。いつからこの小さな島をウミネコたちは繁殖地として選ぶようになったんでしょうねえ。与謝野晶子が歌に詠んでるという話も聞いたことがあるので、相当昔からウミネコたちはなぜか、この島にやってきて、ここで子育てをすると決めているのでしょう。それこそ何代にも渡って。もちろんどこにでもいる鳥だし、この島じゃないところで繁殖する子もいるのだろうけれど、体の中のDNAが毎年冬になると「経島に行こう」って言うんでしょうねえ。生命の不思議です。

まあその経島ってのは、だいたいこんな感じの島です。何度も何度も言うようですが、雲ひとつない青い空と青い海です。

d0133295_31128.jpg


さてあたしは、撮影開始です。もうガスガス撮ります。ひたすらシャッター切ります。どんだけ撮れば気が済むのかってくらい、撮りまくります。
近くにいる子撮ったり

d0133295_3113182.jpg


飛んでいる子撮ったり

d0133295_3115628.jpg


群れてる子撮ったり

d0133295_313249.jpg


と楽しませてもらいました。ウミネコたちはもう春になってて、みんな

バカップル

ばっかです(汗)。どこでもかしこでもイチャイチャしくさって、いたるところで

二階建て
d0133295_321797.jpg


になってました(笑)。


しかしあたし、ホントは出雲のほかのところも観光でもしようかなー、たとえば出雲大社とか、、、とか思っていたんですが、結局この日

1日中

この日御碕で過ごすことになりました(笑)。なんかね、前日は夜勤だったので睡眠時間が足りずに眠かったから動きたくなかったし、1日中ボーッとウミネコたちに遊んでもらいました。あ、日御碕周辺はくまなく回りましたよ←当たり前(笑)。

いつもウミネコを撮る漁港からちょっと小高い丘を登ると、眼下は青い海!

d0133295_3205898.jpg


だったり、トイレ休憩に神社の方に戻るとイカが干してあったり

d0133295_3214564.jpg


ウミネコもいっぱいですがネコもいたりして

d0133295_3251651.jpg


してそれなりに楽しめるのですよここは。そうこうしているとやっぱり睡眠不足がたたって

眠い!!

ってことになって昼寝もしたりしました(笑)。いやー、怪しさ満点だったかも。1人で行った三十路女が日がな1日漁港付近をウロウロしてるって(汗)。もしもカメラ持ってなかったら死にに来た人と間違われたかもしれませんね(笑)。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2009-04-21 03:28 | 島根
さてさて。こないだの続きー。とりあえず早く更新しないと、次の沖縄の旅が待っているので、サクッと島根の旅を書いてしまおうと思っています。あ、ちなみに沖縄の旅は

素敵…

でした(笑)。とりあえずそれだけご報告。

さてさて、卵かけご飯の美咲町を後にして、どんどん北上します。ETC大活躍です。あっという間に到着。この日は天気は曇りの予報だったんだけれど、ちゃんと晴れてくれました。最近あたし、旅に出ても雨があんまり降らなくなりましたねー。ついにあたしも

雨女返上

か!? と、ちょっとうれしいかも。到着して、バンバン撮影ですな。当然コハクチョウ。青空に飛び立つコハクチョウはやっぱりいつ見てもきれいです。

d0133295_2173154.jpg


ひとしきり撮影。卵かけご飯のおかげで、全然腹減ることもなく、撮影は順調に進みます。夕暮れになって、一旦米子に帰って休憩…している間にやっぱり眠くて昼寝しちゃいます。まあこれもいつものパターン。

7時過ぎごろになって起きて、さすがに腹が減りました。さあ

飯だ!!

ってんで、いそいそと米子のホテルを出ます。あたしいつも、米子に泊まると行く居酒屋さんがあるんですよね。いつもと言っても、二回目ですが。一度目のあまりのおいしさにハマったので、前回と同じように

ブリの刺身
d0133295_21151715.jpg




穴子天
d0133295_2115411.jpg


を注文しました。ブリの刺身も肉厚だし、何と言ってもこの穴子天が一番おいしい!2本分も入って900円!穴子も肉厚だし衣はサクサクだしめっちゃおいしいの!この2つだけ頼めばおなかいっぱいになってしまいます。もちろんビールも飲むわけですが(笑)。

しかし前回、たった一度行ったばかりだったのに、あたしのことを大将が「以前来られましたよね?」と覚えておいでだったのにはびっくり。そして一品サービスしてもらいました。それが

イワシの稚魚のとろろかけ
d0133295_2119189.jpg


これがまたおいしーー!!ほろ苦くて甘くて、わさびを溶かして食べるともうとまらないおいしさ。酒飲み好みの一品でした。

ひとしきり食って満足した後は、ホテルに帰って、次の日に備えて寝よう…としたんですが

眠れません!!

あたし、昼寝すると全然眠れないんですよね~(汗)。ただでさえ、生活が夜型になってしまっているのに、とてもじゃないですが眠れないんですよ。明け方までウダウダして、少しまどろんでから起きました。

それから今度は出雲方面へ。いつものとおりマガンを撮って

d0133295_21243724.jpg


フラフラとして帰りました。ホントはウミネコまで足を伸ばそうかとも考えていたんですが、ちょっと寝不足で疲れてしまったのでまたの機会に。もう一回くらいは行こうかなー。でも、どんどん最近春になってきているので、花たちがどんどん咲き始めています。なので、冬鳥シーズンが終わってしまうのは淋しいけれど、春に向かっても歩きださなければなりません。
[PR]
by timetoki | 2009-02-13 21:29 | 島根
さて長いこと時間がたってしまいました。なーんかねえ、更新する気力が萎えてしまってました。今日明日はまたまた休みになったのですが、今日は天気がイマイチなので、ゆっくりビデオ見て本読んで…という一日です。明日は撮影に行きたいなあ。

んで、こないだの島根の旅その2。東横インで一泊して、朝になりました。朝食は7時からだったんで、ホントは夜明け前に行こうかとも思ったんですが、せっかく泊まったんだし…とケチケチのあたしは飯を食ってから行くことに。写真撮りに行ったくせに東横インの朝飯かよ!とも思いましたが、まあそこはいいでしょう。

この日は平日だったため、白鳥ポイントに行くまでには結構

渋滞

だったんですよねえ(泣)。とはいえ、田舎のこと、そんなにものすごく混むってこともなくて、なんとか朝のうちに到着。もやがかかって、白鳥池(もとい、白鳥田んぼ)は

d0133295_16201449.jpg


なかなかムーディ053.gif

だったりして満足。白鳥をガンガン撮影しました。まだ水辺にいっぱいいてくれて、田んぼの水も朝日に輝いて

d0133295_16214289.jpg


こんな画像をずっと撮りたかったので満足です。いい色だ。いい天気だ。幸せだなー049.gifと、しみじみ。撮影者はあたししかいないのも満足です。カメラマンがずらっと並ぶと、それだけでげんなりしてしまいますから。人間きらーい。

もうしばらくすると、オレンジ色はピンクになってくれました。白鳥たちはラブラブです053.gif

d0133295_16242562.jpg


でも、しばらく撮ってると、さすがに

もう飽きたよ…

っつー気分になってしまいました(笑)。まあそりゃそうでしょうとも。いかんせんあたし、この時点で

8ギガ

ぐらいすでに撮影してましたからー。しかもコハクばっかし。どーすんだよこれ、もうパソコンに入れるとしても容量ないよ…とか思いましたが、消すのももったいないし、まあそのままにしておこう。持ってきたのはあと8ギガあるし…と思い、移動することに。

まあせっかく来たし、マガンでも行くかーと、出雲方面に向かいました。ここは毎年、鳥屋さんたちと一緒に来ていた場所。でも最近は来なくなったなあ。マガンポイントまでは、あっという間。高速ができているって幸せなことです072.gif ま、地球環境にはよろしくないんですが…(汗)。

あれ、どこだったっけ?と、多少迷いながらマガンポイントに到着。さーて、マガン探すぞぉ~と、張り切って探します。マガン、田んぼにいつもいっぱいいて、空を猛禽が飛んだりすると群れになって飛ぶからすぐ分かるんですよー。別に何ともなくフラフラと探していましたが

あれ?

……あれ?

…………あっるぅえ~?

いないじゃん!!!

どーしてどーして。せっかくここまで来たのにーと思って、必死こいて探します。ホントに必死です。ふと、空をバババーっと飛ぶ鳥の群れ発見!あれか!と、急いでその近くの田んぼに行くと

d0133295_16312891.jpg


外道でした。

群れの主はタゲリ。タゲリなんて別に近くでも撮れるし、わざわざ島根に来てまで撮りたい鳥じゃないんだけどーと思いながら撮影(笑)。結局撮るのですよ。近くにいればね。いくら外道だとしても。

タゲリってでも、好きな人は好きなんですってねー。九州とかにはいないのかな?九州の友達が妙にタゲリをうらやましがっていた気がするんですが。近くにいないとうらやましくなって、いるとどうでもいい、それが

鳥屋の宿命

なのですな。まああたしも、佐賀に行ったときにズグロカモメに狂喜乱舞したから人のことは言えませんが。

さてなおもあたしはマガンを探します。するととーーーーーーーくに、飛ぶ群れ発見!

d0133295_16354397.jpg


うおーーー。これだ。間違いない!と、車を飛ばします。なんのことはない、要するにあたしが探している場所から離れた場所にいた、というだけのことでした。近くに行ってみるといっぱいいっぱいのマガン。うれしいです。めちゃめちゃ。なのでここでもガスガス撮影。

d0133295_1637087.jpg


ちょっと近づいてみました。

d0133295_16371953.jpg


もっと近づいてみました(笑)。

と、まあこんな感じでいっぱいいるマガン。しかしマガンって、どう考えても

おいしそう

と思うのはあたしだけ?だってなんか、ムチムチしてていかにもおいしそうなんだよなあ。

ここでもマガンをめっちゃたくさん撮りました。そして撮ったものが16ギガに達しようか…という時に、見つけてしまったのですよ。この子を!

d0133295_16411264.jpg


たくさん、たくさんのマガンの中に一羽だけ。白い、ひときわ輝く一羽を。

ハクガン

です。日本には、こんなふうにマガンに交じってくることはあるそうなんですが、会ったのは初めて。めちゃめちゃ目立ちます。めちゃめちゃかわいいです。その日の朝まで、白鳥バンバン撮って、白い鳥は飽きてたはずなのに、こういうレア鳥に会うとまたうれしくてしょうがなくなります。それが

鳥屋の宿命

なのですな。悲しいけれど、あたしも鳥屋の端くれだったのですね…(泣)。

と、まあそんなこんなで、午後になって島根を後にしました。あーでも、また行きたい。せっかくETCもつけたし、せっかく冬タイヤにもしたんだから、あと2回、欲を言えばあと3回くらいは行きたいところです。

おしまい。
[PR]
by timetoki | 2008-12-24 16:46 | 島根
今日はお休み。なんだか風邪っぽくて、だるくって、撮影はお休み。なんか家のこととかしていました。パソコンが壊れていたので、修理に出したり、携帯が修理から戻ってきたのを取りに行ったり。ご飯も久しぶりに外で食べました。食べながら読書。「恋愛写真」を読んでいて、「あーあたしも写真もっといっぱいちゃんと更新しよう…と心に誓った単純な人でした。

それにしても、最近よくモノが壊れます(泣)。

さて旅のお話。冬になるとほぼ毎年、必ず行きます。2、3回は行きます。島根。なぜかというと、コハクチョウが飛来してくれる場所だから。ホントはもう少し北に行って、オオハクチョウも見たいところですが、コハクでも十分美しいのですよ。

そいや以前、コハクチョウコハクチョウって言ってたら、誰かに

それってどんな

と聞かれたことがあったようななかったような(汗)。まあ「コハク」と略すあたしも悪いっちゃ悪いんですが。白鳥ですよ白鳥。

まずは県北の行きつけの車屋さんに立ち寄ります。何をするかとゆーと、じゃじゃーん。

d0133295_17532297.jpg


ETCつけちゃいました。てへ★

「てへ★」ってなんだよ…と自分にツッコミ入れたくもなりますがそこはスルーして、初ETC体験開始!ああそういえば、以前富山行ったときに、レンタカーで一度使いましたが、自車で使うのは初です。なんかうれしいぃ~と、ウキウキしながら高速にゴウ。さあETC専用路線に入っていざ!!

ドキドキしながらゲートをくぐろうとすると…開いた!な、なんか、めっちゃ小さいことですが、カンドーっす。ちゃんと開きました。車屋さんありがとう(笑)。これで、早く「どこまで行っても1000円」って割引が適用されないかしらー。そうなったらバンバン使うのにぃー。今ガソリンも安くなったし、車バンザイな状態ですな。…地球環境には決してよくないことなのですが(汗)。

それからビューンと米子まで。それから安来を目指します。ETCつけたりしてちょっと遅くなりましたが、いてくれるかなあ~。白鳥たちは、朝池(田んぼに水が張ってあるとこともいう)から飛び立ってしまうのですよ。飛び立って、田んぼでえさを食うのです。この水のシーンで撮らないと、絵になりません。なんでかっつーと、田んぼとか畦にいる白鳥って

d0133295_185177.jpg


まるでアヒル

ですからー(笑)。さて水辺にいる白鳥がどんなに白鳥らしいかというと

d0133295_1863691.jpg


こんな感じでしっかり白鳥なのでする。この写真からはアヒルは微塵も感じられません。いや、あくまで「あたし的に」ですが。

まあそれからは、ひたすらひたすらシャッター切ります。

流し撮りしたり

d0133295_189032.jpg


キラキラのシルエットで撮ったり

d0133295_1891720.jpg


普通に飛ぶシーン撮ったり

d0133295_1893440.jpg


して楽しみました。さてそうこうしているうちに、ちょっと天気が悪くなってきたし、右手の人差し指が痛くなってきたので撤収。撮影に夢中になっていると、あたし指が痛いほどシャッター切ってることを忘れてしまうんですよねえ。

ホテルは米子の東横インです。とりあえずチェックインして、昼寝。前日が夜勤なもので、やっぱ疲れているんですよねー。夕方ちょっと寝て、ちょっと腹が減ったので飲みに出ることに。

東横インの表玄関からすぐの「花なんとか」って店に入りました。なんだったっけ。「花まる」?「花こま」?なんか、花、のあとはひらがな二つだったような気がするんですが(汗)。そこで大将に「今日のお勧め」を聞いて、ブリの刺身とアナゴ天をチョイス。これが

大当たり

だったんですよねえ。どっちも、めっちゃうまかった。疲れていて、昼はろくすぽ食ってなかったってのもあるんですが、めちゃめちゃ美味。ブリは天然モノだし、アナゴ天は2本も入って野菜とかも添えてあって900円という安さだし。何よりサクサク。またいくときは、またこの店にしよう…と心に誓った日でした。その後お茶漬けでも食おうかと思っていたんですが、これで満腹でした。

んで、ホテルに帰って携帯で遊んだり、持ってきた小説を読んでいるとまた眠気が出てきてストンと眠りの世界に落ちたのでした。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2008-12-18 18:18 | 島根
さてそこからはさすが「タヌキ島」。ちょっと車を走らせるといたるところにタヌキ!あたしもひたすら撮りまくりました。いたと思って車をガーっと走らせて近づくと逃げてしまうので、そろり、じわりと近づきます。こういうときあたし「ハンターだなあ」と思う。ほらアフリカのサバンナで、ガゼルを見つけたライオンがそろーりと近づく感じ(笑)。そろーりそろーり近づくと、警戒はするものの、そんなに逃げません。

d0133295_9444053.jpg


う。かわいい…(汗)。もうつぶらな瞳がたまりませんなあ。この子たちに会うために、あたしはこの島に来たんだなと。腹もめちゃくちゃ減ってるはずなのに、タヌキの姿見たら飯どころじゃない!って感じで撮りまくり。帰ってから調べてみたら、タヌキだけで300枚ありました(笑)。ちなみに、夕暮れだったのでシャッタースピードが稼げず、被写体ぶれやらピン甘やらのオンパレードでそれを消した後の残りが300枚。ま、倍は撮りましたかな(笑)。

d0133295_1045117.jpg


しかしこのタヌキ。いろいろと問題があるのですよー。この知夫里島では、タヌキが何千も増えてしまい、村は駆除することを発表。ネットにも流れて、全国から愛護団体がものすごく押し寄せてきたそうです。村も、島民たちも疲弊してしまうほどに。民宿のおばちゃんに見せてもらったビラには、衝撃を受けました。そこに書いてあったのは「タヌキ殺しの島」。何十年も前に猟師たちが撃ったタヌキを、誇らしげに披露している写真が添えてありました。

動物を愛護することは、大事だと思う。人間も動物も、ともに暮らせるのならそれが一番いいのは、誰だってわかっているし、無益な殺生はしたくないとみんな思っている。だけど、島を「タヌキ殺しの島」と呼んで、島の人たちの気持ちを傷つけるのはあたしは賛成できない。単に殺すな殺すなと言うだけなんて、あまりにも乱暴すぎる。バースコントロール?すればいいさ。それについて、あたしは何の異論もない。タヌキの数を減らして、殺さずに済むのならそれでいい。それが一番いい。でも費用は誰が出すの?強行に「殺すな」という人には、「捕獲の費用も、避妊手術の費用もすべて出しますから殺さないで」とせめて言ってほしい。行くのも帰るのも不便な島で、暮らす人たちのことも考えてほしい。その島の人になって、その島で暮らして、農作物を作りながら暮らしてみてほしい。それでも、殺すなと言える?

そもそも人間なんて、ほかの生き物たちを殺さずになんて生きていけない。動物は食べないというベジタリアンの人たちもいるけれど、じゃああなたが食べている豆は?キャベツは?野菜は?その命をもらって、あたしたちは生きている。歩けば、小さな虫を殺している。どうしたって、「どんな命も殺さずに生きる」なんてことは不可能なのに。

d0133295_10165670.jpg


タヌキは、そんなに人間たちの思惑など何も知らないで、ひっそりと森に帰っていきました。

帰りの道から海を見ると、暖かな夕日が海に沈んでいきました。

d0133295_10223933.jpg


さて。気を取り直して飯だ!!(笑)民宿に着いて、ひとっ風呂浴びて、それから飯でした。民宿の飯、めちゃめちゃうまかった!朝捕れたてのタイの煮付けに歯ごたえのある刺身、もうサイコーっす。泣けましたね。当然ビールも飲みましたが、うまいことうまいこと。玄界灘の魚ばっか食っていたあたしからすれば、ちょーっと瀬戸内海の魚ってたよ~んとしてしまりがない感じなんですよねえ~。だから、山陰の魚はむちゃくちゃおいしかったです。やっぱ荒波にもまれた魚たちはすごい。

それから部屋に戻ってドラマ見て、就寝。気持ちよかった~。




あーさー。



早起きです。当然です。十時には寝ましたから(笑)。朝からまたタヌキを撮って、赤ハゲ山に咲く野大根などを撮りました。

d0133295_10273692.jpg


こんなピンクとも白ともつかない花が一面。ああ、こんな場所で、一人で、何も考えずに、ただその風景を撮ることのできる幸せ。

d0133295_1029179.jpg


やっぱり、島はいい。島の雰囲気も、島の風も、島の海も、何もかもが幸せ。もうすぐ去らなければならないのがものすごく寂しい。また来たいなあ、またこの風を感じたいなあ。旅って、特に一人旅って、自分と向き合う旅。誰も自分のことを知らない場所で、誰とも話すことなく、ただひたすらに自分に向かう。目の前の光景とだけ向かう。

でも、島と別れてまた日常に戻る時間がやってきました。港について、レンタカーを清算。127キロ。島の中をタヌキを求めて走った距離でした。チケットを買って、中谷美紀の「インド旅行記」を読みながら船を待ちました。


ボォーーーーー


d0133295_10373381.jpg


フェリーが港に近づいて、乗り込みました。行きとは違って、フェリーの中はまばら。ゆっくりと遠ざかる島を、デッキでタバコをふかしながら見つめていました。

d0133295_10411681.jpg


さよなら、知夫里島。こうして、島から去るときの気持ちはいつも少しだけ切ない。けれどその切ない気持ちがあたしをまた旅立たせる。

青い、青い海が言っていました。「また、おいでよ」と。

d0133295_10432574.jpg

[PR]
by timetoki | 2008-05-09 10:48 | 島根
探せども探せども、お目当てのタヌキは見つからず…。島の山の部分を行ったりきたり。でも、やっぱりいやしねー!! もう、こうなったらしょうがないので、撮れるもんを撮ろう!と心に決めるあたし。自然はいっぱいだし、それなりに撮るもんあるだろう…ってことで、赤ハゲ山っつー山をひたすらうろうろしました。

行きがけのフェリー、いっぱいな人だったんだけれど、知夫里で降りた人は少なくて、島の中は閑散。車もほっとんど通らないし、観光客も一人か二人くらいしかいない感じ。でっかい山も海も独り占めだー!って感じでした。

牛の次に、よく撮ったのがこれ。

…馬(笑)。

d0133295_19304877.jpg


そいや、馬ってあたし、宮崎の都井岬に行こうと思ってたんだけど、結局雨で行けなかった一月に心残りがあって、あー、岬に立つ馬が撮りたいなーって思っていたストレスをここで解消することができました。

ひたすらひたすらドライブしていると、目の前をフラフラ飛ぶのがいっぱい。何かというと、アゲハ。隠岐アザミっていう種類のアザミに止まって、必死に蜜を吸っていました。「アゲハなんて、わざわざ島に行って撮らなくても撮れるでしょーに」なんてツッコミはパスしますのでそこんとこよろしく。

d0133295_19323945.jpg


ところでここらへんで、ハタと気づきます。「は、腹減った…」ということに。民宿のおばちゃんは「港にしかご飯食べるところないからねー」と言っていたので、港にまた戻って飯を食おうかなと走らせました。港に食えるようなところと言ったら、何だか不思議な「ニューポート」っつー店しかない。まあ、腹減ったし、入ってみるかーってことで、二階にあるドアのところまで行くと、、、、、、



痛恨の、




「準備中」!!!



やっべー、めっちゃ腹減ったのにーーーー!!後から気づくと、町中に「何でも屋」みたいなのがあって、パンくらい売ってたんだけど、民宿のおばちゃんの「食うとこないからねー」っていう言葉に洗脳されていたあたしは、「もう、昼飯食えないんだ…」となぜかすぐにあきらめてしまい、また撮影へ。

腹ペコのあたしに、牛さんがおいしそうに見えましたが(笑)、まあそれは横目にして、ひたすらひたすら、またタヌキ探しの始まりです。でもやっぱりいません(笑)。異常に多かった鳥がこの子。キジ。

d0133295_19381517.jpg


ムクムクしています。お、おいしそう…。どんな動物を見ても食い物にしかもはや見えない凶暴な肉食獣と化しそうになりましたが、人間の尊厳をかろうじて保ちながら写真を撮ります。こうなってくると、タヌキどころじゃなくて、民宿の飯の時間に早くなってほしい…などとせっかく旅に来たのにそんなことを思いながらまたフラフラ。でも人間、腹減っているときの方がハンターとしての本能が生かされるっぽくて、撮影はガシガシできました。

そして、待ちかねた夕暮れ。「夕日の降りる海に馬の立つ風景が撮りたい!」と突然思ったあたしは、また赤ハゲ山に。ちょうどいいところにお馬さんたちがいてくれて、こんなショットが撮れました。

d0133295_19433440.jpg


うーん、ドラマチック。一人でご満悦。しかしこの光景、独り占めするのはもったいなーいって感じでしたよ。でも、あたし以外に人間の姿はなく。贅沢な光景でした。

さ、飯だ飯だー!
って喜び勇んで、宿に戻ろうとするあたし。薄暗くなった夕方、車を走らせると…

いた!

いた!!

いた!!!

念願の


タヌキ!!!

d0133295_19455515.jpg


そ、そういえば、タヌキって、夜行性だったわね…(泣)。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2008-05-05 19:48 | 島根
もう嫌だ!どっか行きたい!!

と、衝動的に思ってしまったあたし。そいや最近旅に出てなかったしねえ~。最後に「旅」と呼べる旅に出たのは1月の従兄弟の結婚式で宮崎鹿児島行っただけだったし。もうそろそろあたし的に「旅に行きたい」ってフラストレーションが限界寸前。ゴールデンウイークは連休しっかり取れたことだし、行き先を物色。いつか行こう、行きたいと思っていた島に思い切っていくことにしました。行き先は島根県。隠岐にある「知夫里島」。

そもそも何でこの島に行きたかったかっつーと、この島が「タヌキの島」だから。あたしは今まで、この島にそんなにタヌキがいるとは知らなくて、悲しいことにこの島(村)が、「タヌキが増えすぎたので駆除します」って言うニュースを聞いて、この島にタヌキがたくさんいることを知ったのでした。まあ後で詳しく書きますが、タヌキが駆除されるってニュースが出てから、全国の動物愛護団体がワンサカ押し寄せて、またはメールとかして、タヌキを救おうとしたらしい。おかげで村の人は、あたしがメールで「タヌキは見れますか?」と聞いただけなのに、カナリぴりぴりした返事をくれたのでした(汗)。

まあそれはいいとして、とりあえず行き先は決まった。レンタカーを予約して、宿を予約していざ、出発!前日はしっかり仕事だったのだけれど、9時半に七類港を出発するフェリーに乗るため、あたしは4時に起きてドライブドライブゴーゴー。いやー、眠かった。そんなに時間はかからないんだけども、とりあえず途中で渋滞に巻き込まれたら困るし、間に合わなかったら一日一便の船に間に合わない!ってことで、早めに出発。さすがにこの時間はすいているらしく、途中休憩を挟んで7時ごろには港に着いた…んだけど、港はすごい人!いやー、さすがゴールデンウイーク。ものすごい人でびっくりしました。まだ7時だってーのに。

んで、9時半までは待合室のいすでしっかりグーグー。二時間の船旅の始まり~♪でも、何だか人が多くて、動きも取れず、そのまま二等客室で横になってまたグーグー(笑)。潮風にあたるって何?って感じであっというまに知夫里に到着してしまいました(汗)。

到着すると、レンタカーを借りに。免許証のコピー取られて、「この車です」といわれて早速島内ドライブ。てか、契約書とか書かなくていいのー?(汗) と、思ったけれど、まあ島だし、いいかー♪と安易に車を受け取ってドライブ開始。しかし、このレンタカー、、、ナビついてないし!北海道でいつも借りるレンタカーとか、九州で借りたレンタカーにはナビ完備だったから行き先入れるだけでよかったんだけど、この車、フッツーの車やし。あわてて地図見て、何とか走らせました。ま、たいして大きくもない島だし、よくよく考えるとナビなんて要らないんだとすぐ気づきましたが。

さーて、とりあえずタヌキ探すかーーと、山の方を目指してドライブ。

が、

が、

走れども走れども、、、、

タヌキなんていやしねー!!(汗)

いたのは…

d0133295_0473628.jpg


牛。

d0133295_0474930.jpg


ウシ。

d0133295_048027.jpg



…うし。

タヌキ、めちゃめちゃ多いんじゃなかったのか!?
あたしタヌキ撮りに来たのに、一匹たりとも姿が見えないってどゆこと!?
村の観光課の人も「野良猫並みにいますよ」って言ってたのに!?
あたし大枚はたいてタヌキ撮りたいんじゃなかったの!?
もしかしてもう駆除された後なのか!?

と、かなり焦る。自分の中で(笑)。しょうがないので牛ばっかり撮ってしまいました。もうそりゃ、島中をぐるぐるひたすら巡ってタヌキを探しましたが、ほんっっっっとに、一匹たりとも見かけません。影すらもなく。あたし、牛ならインドで撮るからいいのにー、、などと思っても後の祭り。牛糞が落ちまくってる道路を、牛糞のにおいの漂う中を、時には牛に道をとおせんぼされながら、ひたすらタヌキを探すあたしでした…。

つづく。
[PR]
by timetoki | 2008-05-05 00:52 | 島根

島根鳥の旅3・マガン。

さてさて、やっと見つけたマガンの群れ。もうひたすらひたすら撮影いたしました。今回の旅はコハクチョウというよりあたし的にはマガンメインでした。群れがいっぱいいるんだものー。何年か前は安来にもマガンいたりしたんだけど、見つからなかったので出雲まで足を伸ばしました。

一人で黄昏る子もいたり。

d0133295_233252.jpg


もちろんどっさり田んぼの中にいたり。

d0133295_23322410.jpg


二人で飛んだり。

d0133295_23324993.jpg


群れで飛んだり

d0133295_233309.jpg


していました。それをひたすらひたすら撮り続けるあたしら。山猫さんの奥さん車で寝ていたり(笑)。いやー、撮影楽しかったなあ!夢中になって撮ることができるって幸せだと感じてみたり。マガンたち、遊んでくれてありがとう。

そうこうして帰路に。米子インターに行く前にお菓子の壽城に行ってお菓子の試食しまくって、夕暮れに染まる大山を横目に見ながら出発。…していたら!メンバーの一人のリュックが車の中にないことに気づく!ええええええ~って感じで驚きまくり。しかも、どこに降ろしたか分からないときた!周囲は真っ暗だし、帰ってもどこにおいたか分からないんじゃ見つけられない…と、とりあえずその日は、警察に紛失したことを電話して帰ってみたのでした。すると次の日ちゃんと届けてくれた親切な人がいたとのことで一同ホッ。結局終わってみたら「素敵な旅」で済んでホントによかった~。まあ、あたしは結局帰りの車でも爆睡していたわけですか(汗)。
[PR]
by timetoki | 2008-01-14 23:43 | 島根