旅に行った記録。


by timetoki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
さて。ワタクシ明後日からボルネオに旅行に行ってまいります。今回はスコープなどは持っていかず、狩猟民族に戻った感じで本能の赴くままに写真を撮るのですよー。

さて今日は旅の準備編。今回ワタクシが唯一準備したのが

d0133295_22544162.jpg


これでございます。一脚。さすがにジャングル内は暗かろう…ってことで、用意してみました。三脚持ってはうろうろしにくいし重いし、機動力ないし三重苦。一脚ならばその全部をクリアしてくれます。ま、三脚に比べるときちんとは止まらないという難点はあるものの、手持ちよりはマシやろう…って感じでございます。

うちの旦那ときたら、この一脚を見せたら、そもそも一脚というものの存在を知らなかったらしく、

杖?

とかヌカしやがりましたが(笑)。

ま、そんなこんなで、旅を楽しんできたいと思います。帰ってからの旅行記をお楽しみに~♪ では行ってきまーす♪
[PR]
# by timetoki | 2009-11-04 22:57 | MALAYSIA(Borneo)

狸島(その2)。

またしても、「つづく」から

放置


しておりました時でございます。どうもすみません(笑)。相変わらずワタクシメ、ドラクエなんぞをやっておりまして、こないだはオフ会まで行く始末でございます。来月の旅行の準備とかもしないといけないし、いろいろと忙しい日々を送っております。

さてさて。前回のつづく、より。

狸島だと唆されてwww、朝っぱらから島までやってきたあたしでしたが、ちっとも狸、出てきやがらねー!! 後で聞くと先輩、「狸出てこなかったらどうしようかと思った」と焦っていたとかいなかったとかwww

島の中をちょっと探検して、あんまりほかに撮るものもないと悟ったワタクシ。狸が出てこないのでヒマになって、港で


寝る


ことにいたしました。なんせ前夜は徹夜だったしー。もう眠さも最高潮で。天気はポカポカだし気持ちがいいったらありゃしないってことで、眠りこけました。どうやら

いびき

ガーガーかきながらwww その間、先輩たちはひたすら釣りをなさっていたのだとか。あたしは前後不覚に寝ていたのでまっっったく、それを知りません。ちなみにあたしを連れてきてくれた先輩、狸が出てこなくてあたしががっかりするのがかわいそうだと、わざわざ狸の来そうなところに雑魚まで置いて

おびきよせて

くれていたらしいです。そんなことも全く知らずにあたしは眠りこけましたwww

いきなりガバッと目覚めたのは、先輩の

狸来たでーー

の、ひとこと。ホントに、もう、ガバッと起きて、そちらを見ると


いるわいるわ


どのくらいいるかって

d0133295_1218217.jpg


このくらいはしっかりいるのでした。マックスで9匹も出てきました(汗)。その後はあたしはもう、そりゃ、撮り放題ってくらい撮りましたよ。

ロングも

d0133295_1219636.jpg


アップも

d0133295_1219218.jpg


撮り放題でした。狸をロケーションのいいところにいざなっては撮り、寝転んでは撮り、集めては撮り、レンズ換えては撮り…と。ひたすらひたすら、狸ばっかり撮っておりました。楽しかったです。

もうね、釣り人が「こいつは雑魚くれる人だ」と思ったら無防備にガンガン近づいてきます。9匹の狸に囲まれて、「何かくれないの?」という目で見られた日にゃ、ちょっとヒきましたwww

ちなみに、この日の釣果は

d0133295_12205374.jpg


こんな感じだったみたいです。なかなかなんじゃないでしょーか?あたしは釣りのことはさっぱり分からないんだけどwww あー、うちの旦那も釣り趣味で、島に釣りに行くとかしてくれればいいのになー。そしたら、晩飯は釣れる、あたしは撮影できる…と、一石二鳥なのにwww

おしまい。
[PR]
# by timetoki | 2009-10-26 12:23 | 岡山

狸島(その1)。

会社の釣り好きな先輩たちが、

釣りに行く島にいるよ

とおっしゃるではないですか!何でもその島では、釣り客が落とすオキアミだとか雑魚だとかを狙って狸がいっぱい波止に来るとのこと。これはぜひ行かねば!と、先輩たちが行く日に連れてってもらいました。なんせ釣り客いなかったら出てこないですから(笑)。

しかしこの釣り、いいんですが、いいんですが、何と

午前4時50分

に船が出港するんですよねー。早すぎやろ。そんな真っ暗な時間に行ってどーするんだーとか思いましたが、文句は言いません。徹夜でとりあえず渡船の場所へ。先輩たちもそろって、いざ出発。

ま、真っ暗ですがな…(汗)。

真っ暗な波止に着きました。こ、これはさすがに撮影できませんがな(笑)。しばし、釣りを見ていることに。釣りって面倒なんっすねえ~。この日狙ったのはチヌでしたが、冷凍オキアミとパン粉とかが入ってる粉を混ぜて泥みたいにひたすら混ぜ混ぜ。この作業が大変そうです。あたしは見ているだけでしたが(笑)。

黎明のときがやってきました。先輩たちはいざ釣りを始めます。これはふかせ釣り、という釣りだそうな。

d0133295_10224160.jpg


あたしはまだ暗いので、とりあえず見学見学。浮きが沈んで、あっという間にカサゴとかがかかっちゃいます。すごいっす。こんなのがいるんだーーとちょっと感動。今まで海が育ててくれた魚が、本当にそこにいるんだと実感。そして、ピチピチ跳ねます。当たり前ですが。

やっと少し太陽がさしてきて、あたしは撮影にうつります。まずはウミネコ撮ったり

d0133295_10353486.jpg


海撮ったり

d0133295_10445987.jpg


島撮ったり

d0133295_10453074.jpg


していました。しかし、この時点でまだ、狸は姿を見せず…(汗)。

つづく。
[PR]
# by timetoki | 2009-10-17 10:46 | 岡山

プチ海外(その3)。

さてさて、そんなこんなでひとしきり高知西部の旅を終え、帰路につくことになりました。がここで、旦那が行きたいところがあるそうな。どこかというと

宇和島城

だったりします。なんせうちの旦那ときたら、

城フェチ

でございますから(笑)。 いつも旅に行っては「○○城は攻め落とした」とか言ってご満悦でございます。しかし、城はいいんだけど、だいたい城って高台に作られているので、城山に登らされるのが難点です。でもボルネオではトレッキングも待ってるからこれくらい登って体力つけとこーとあたしも登ることにいたしました。

あたしは重いカメラをかついでえっちらおっちら登るのですが、旦那は一人で先にサクサクと登ってしまいます(笑)。でも、あたしも別に、そんなに城自体は嫌いではありません。というか、城自体よりも、古から残っている石垣なんぞが好きでござります。

d0133295_22214236.jpg


こんな感じの、鬱蒼とした階段を登ったりするのはちょっと好き。階段の脇に咲いてる花だとか、いる蝶だとかを見ながら撮りながらゆっくり登るのですよ。それでもゼーハー言いますけどね←体力ない(汗)。

登った先には、こんな城が待ち受けておりました。

d0133295_22221073.jpg


ここの城は結構お気に入りです。なぜかというと、ちゃんと1600年代に造られたまま残っているから。現代人が復元した城はあたしは好きにはなれないのです。ハリボテっぽくて。嘘くさくて。やっぱ古くから残っているものって、自然に溶け込んでいる気がします。

天守のところで一服して、宇和島の町並みを見て、城山からは降りました。そのころちょうど昼時。さあ何を食おうかーと、何となくまあここでいいかという店に入りました。どうやら宇和島って、

鯛飯

が名物だそうな。入った和食屋さんでも鯛飯はちゃんとあったので注文してみました。

d0133295_22243096.jpg


卵と出汁の入ったのに切り身の鯛をつけて、それをご飯に乗っけて食べるのだそうです。まあ普通においしかったです。ゼッタイ、何が何でも鯛飯じゃないと嫌だというふうにはなりませんが、まあそれなり。家でも作って食べてみてもいいかなーくらいな感じでした。

昼飯も食ったし、そろそろ家に帰るかーってことで、高速に乗って出発。途中、伊予灘サービスエリアというところに寄ったらそこは、

恋人の聖地

とかに認定されているらしく、世の恋人さんたちがフェンスにいっぱいカギをつけていました。何でカギなのか意味分からないんですが、二人をしっかりつなぐカギってところでしょうか。

d0133295_22281472.jpg


でも、ところどころさび付いたのもありましたがねー。なんせ野外ですし。そのうちどうせこのカギ腐食して壊れるんちゃう?とか、意地の悪いことを考えてみました(笑)。

ってな感じでプチ海外から日常の世界に戻ってしまいました。残念。次の旅行はどこかなあ~。ボルネオ前に一度ちょっと、近場の島には行く予定ですが。やっぱ旅っていいですね~~。

おしまい。
[PR]
# by timetoki | 2009-10-15 00:00 | 愛媛

プチ海外(その2)。

さてさて。今回はちゃんとしっかり完結させますよー!!途中で放置なんてしませんよーー!(笑) と、気合を入れて書いております。本家の方も昨日ものすごく久しぶりに更新したし。

2日目の朝がやってまいりました。なぜか旦那、旅に行くとものすごく早起きです。もちろん早く寝るからってのもあるんですが、あたしはギリギリまで寝たいのにたたき起こされてうんざりします。この日旦那が起きたのは、

午前5時

早すぎっちゅーねん!! そんな早く起きなくていいっちゅーねん。とか言ってる間に、あたしも起きてしまい、風呂に入ってからいざ出発。とりあえず西に向かいました。

d0133295_0522259.jpg


竜串という場所で撮影。ちょっと不思議な岩がゴロゴロあったのでパチリとしてみました。すこぶるいい天気で、気持ちがいいです。ドライブも快調です。私が運転したわけではないですが(笑)。

しかし、5時にたたき起こされると眠いのですよ。しかも運転するほうは眠くないと思いますが、助手席はすることがなくて苦痛極まりないのです。じゃあ運転すりゃいいじゃないかって? あたしは旦那を助手席に乗せて運転するのは怖いのです。なぜかをここでちょっとご説明しましょう。

それはまだあたしと旦那が二十代のころ。夜の高速をあたしが運転しておりました。旦那は助手席で、ぐーすか寝ております。旦那はちなみに、あたしが運転するときは99パーセント寝ております(笑)。それはいいんですよ。あたしは別に、隣で眠られたら嫌だとかそういう心の狭い人間ではないですから。で、しばらく寝ていると、突然

危ない、危ないっ!!

と叫び、あたしからハンドルを奪おうとするのですよ(大汗)。どうやら寝ぼけて、あたしがあらぬ方向にハンドルを切っている…という夢を見たらしく。あたしゃ死ぬかと思いましたよ。そしてたたき起こして言いました。

お前の方が危ないんぢゃーー!!

と。と、まあそんなこんなで、旦那を助手席に乗せて運転するのはあたしは嫌なので、最近では旦那に「寝るなら後ろで寝ろ」と、後部座席に押しやっています(笑)。

話がそれてしまいました(笑)。

そうこうしているうちに、無事車は最西端までやってきました。展望台っつーのがあったので登ってみることにしました。が、これがまたキツイ~。日ごろの運動不足の賜物です(笑)。あーでも、ボルネオでもトレッキングとかあるんだよなー。これくらい登れないとダメだよなーと思いながら頑張って登りました。展望台からは

d0133295_193384.jpg


ものごっそ、きれいな海が見えました。

それから森をフラフラと巡ると、あたし的には海よりも岬よりもステキな出会いが待っていました。

d0133295_1103135.jpg


アサギマダラ


です。もうラブリー。ステキ。幸せ。なぜだか知らないけれど、今年は近場で会えなかったんですよねー。けど、ここでふと会うことができたので、めっちゃ嬉しかったです。時間を忘れてアサギマダラと触れ合いました。旦那に「まだー?」とかイヤミいわれながら(笑)。

つづく。
[PR]
# by timetoki | 2009-10-14 01:12 | 高知